FC2ブログ

20181023-1

今日は二十四節気の「霜降」
秋もようやく深まり
寒露に続いて、霜が降りる頃という意味で
東北地方や本州中部では霜を置くようになり
紅葉が盛りとなります。

20181023-2

里もけに霜は置くらし高円ノ山のつかさの色づく見れば
 (万葉集巻第十)

霜降の初候が
「霜始めて降る」です。
まさに霜降ですね。
そろそろ足元も冷える頃ですので気をつけて。

画像はサイトからお借りしました。
霜降ってこんなイメージですよね。
でも十六夜地方の紅葉は、まだひと月くらい先です。

20181021-1

今夜は十三夜。
後の月と呼ばれる旧暦9月13日の十三夜の月も
名月として月見をする習慣があります。
十五夜が中国伝来なのに対して
十三夜は日本古来の習慣です。
宇多天皇が延喜19年の9月13日に
月見の宴を催し「今夜の月は天下無双」と
激賞された故事に始まるという説が有力です。
十三夜の月は別名「豆名月」「栗名月」などといい
俳句の季語にもなっています。
今日は良いお天気です。
きっと綺麗なお月様が上ることでしょう
と天気予報が言っていました。

20181021-2

で、お団子を作りました。

ススキも今の時期のほうが綺麗ですよね。
20181021-3

■■■
お天気予報どおりに
綺麗な十三夜の月です。
20181021-4

20181019

国産のレモンを見つけたので
久しぶりにレモンのシフォンケーキを焼きました。
溶けない蜂蜜のフィールハニーをいれて
アクセントにしました。
思ったより国産のレモンがすっぱかった(笑)
あ、国産なので皮も使いましたよ。
焼き上がりが爽やかな良い香りになりました。


20181017-1

枝つきのものが一番いいのだけれど
残念ながら枝から切り離されて
袋詰めになっていました。
昨年JAのアンテナショップの人が
話しておられたのですが
枝から取るのが面倒だ・・・
とお客様からいわれたのだそうです。
枝豆は枝から切り離すと一気に味が落ちるので
なるべくなら枝のままがいいのですけれど。
あ、購入したのは元町商店街のマルシェです。

ただ、化学肥料、農薬、除草剤不使用と
ラベルに書いてあったのでこれはありがたい。

20181017-3 20181017-2


茹で上がりがこれ。
さやから出した枝豆はすこし黒いです。
コクと旨味がある黒枝豆はこの季節だけの楽しみです。

20181018

塩麹がなくなったので仕込みました。
出来上がるまで2週間くらいです。

アボカドバタートリコロール石鹸1

朝夕が冷えるようになって
ココナッツオイルとパームオイルが
すこし固まり始めました。
石鹸を作る人あるあるだと思いますが
季節が変わり始めているのを
オイルの状態で改めて感じます
まだカチカチではないので
一番扱いやすい状態です。


≪アボカドバタートリコロール石鹸≫
アボカドバタートリコロール石鹸

【原材料】
     HOサンフラワーオイル
     米油
     アボカドバター
     アボカドオイル
     ココナッツオイル
     パームオイル
     キャスターオイル
【SF】 ゴールデンホホバ
【OP】 シルクパウダー
     ピンククレイ
     ウルトラマリンバイオレット
【EO】 ローズゼラニウム
     パルマローザ
     ローズウッド

この石鹸は手間がかかるので
暑い時期は作る気がしないのですが
やっと石鹸製作に良い季節がきました。
三色の石鹸はひさしぶり。
アボカドバターはお気に入りのバターです。
組み合わせたエッセンシャルオイルもバラのように華やか。
熟成中はいい香りで楽しめそうです。