FC2ブログ

久しぶりに焼きました。
おすそ分けする・・・というか
食べるのを手伝ってくれる弟一家が
レアチーズケーキがあまり好きではないので
いつもベイクドチーズーケーキを焼きます。
というのもびっくりするぐらい簡単だから。

【ベイクドチーズケーキ】

20190217

<材料> 13.5×16.5 角型1台分
  クリームチーズ    200g
  生クリーム      200ml
  きび砂糖        60g
  卵            2個
  米粉          27g
  レモン汁        30ml
  

 *型にクッキングシートなどの紙を敷いておく。
 *オーブンを180度で予熱しておく。

<作り方>
①材料を全てフードプロセッサーかミキサーに入れて滑らかになるまで混ぜる。
②型に入れて180度で約40分焼く。
  
今回はミキサーを使用しました。
作り方があまりにも簡単すぎて二行で終わってしまいました(笑)
米粉を使っていますが、もちろん薄力粉でOKです。


ピンククレイの石鹸のときに
どの色にも合うだろうと思って
コンフェティも作りました。

コンフェテイ石鹸1

コンフェテイ石鹸2

肉球型やハート型など。
このコンフェティを使って
石鹸を作ろうと思います。
生地は何色にしようかな・・・

昨年のソーパーズコレクションで
石鹸を購入してくださったポップ様から
「シュガーバインの石鹸を購入できるサイトはないのでしょうか?」
という質問をいただきました。
コメント欄にも返信したのですが
最新記事としてこちらにも書かせていただきます。

石鹸を購入いただきありがとうございます。
気に入っていただけてとても嬉しいです。
今年も三種類出展しております。

20190202-5

シアバター味醂石鹸

花飾りのヘーゼルナッツ石鹸

アボカドトリコロール石鹸1

よろしくお願いいたします。
サイトも探していただいてすみません。
HPなども作っておりませんのによくたどり着いてくださいました。
本当にありがとうございます。

ブログのなかで紹介した石鹸は在庫があれば
送らせていただきます。
気になった石鹸があればお知らせくださいませ。
コメントでもメールでも大丈夫です。
よろしくお願いいたします。


2月14日はバレンタインデー。
いつもは普通に通っているだけなので
気にしたことが無かったのですが
阪神御影の南側に「バレンタイン広場」
があるのを思い出しました。

20190214

神戸市東灘区に本社のある「モロゾフ」
1931年にトアロードの
チョコレートショップからスタートしたモロゾフは
翌1932年に日本で初めて
バレンタインデーにチョコレートを贈るというスタイルを紹介。
「欧米では2月14日に愛する人に贈りものをする」
という習慣を米国人の友人から聞き知った創業者が
この素晴らしい贈りもの文化を
日本でも広めたいと考えたことがきっかけでした。


詳しいことはこちらのモロゾフのHPで

バレンタインで結ばれたテルニ市、神戸市
そしてモロゾフの絆により
2013年5月、阪神御影駅南側に
新たなバレンタインの聖地としてバレンタイン広場が完成し
隣接する阪神御影南口バス停を
モロゾフがチョコレートをイメージしてリニューアルしました。
5月3日には、テルニ市からジローラモ市長を迎え
盛大に記念式典が行われました。
広場にはテルニ市の地図や
聖バレンチノ教会のモニュメントなどが設置され
日本のバレンタイン発祥の地にふさわしい記念広場となりました。

と書いてありました。

で今回買ったのはモロゾフのセットと
これ。

20190214-1

モロゾフの写真が無いのは既に食べかけてしまったから(笑)

ピンククレイ石鹸1

コンフェティ作成のためにピンク色の石鹸を作成。
オイルの配合はシンプルにしました。
香りを作成している時はすこし苦味を感じる香りだったのですが
石鹸に混ぜこむときには思ったような香りになっていました。
良かった。

≪ピンククレイ石鹸≫
ピンククレイ石鹸2

【材料】
オリーブオイル、米油、ココナッツオイル
パームオイル、スイートアーモンドオイル
キャスターオイル、ゴールデンホホバ
【OP】
シルクパウダー
ピンクカオリン
【EO】
フランキンセンス、サイプレスフレンチ
ラベンダー、オレンジスイート
プチグレイン
   
ピンククレイ石鹸3

使えばすぐに消えてしまうのですけれど
石鹸に模様をつけてみました。