FC2ブログ

土曜日の昼間は、ぽかぽか陽気で
うっかり着込んで出かけたら暑いくらい。
帰ってから思わずムースを作りました。

【マンゴームース】

20190309-2

<材料>
マンゴーの缶詰      1缶
生クリーム      100g
牛乳         200g
ゼラチンパウダー     5g
蜂蜜         大匙 2 
キルシュ       小匙 1

*ゼラチンパウダーは50ccの水でふやかしておく。
*飾り用のマンゴーを一切れとっておく。

<作り方>
①マンゴーの果肉、蜂蜜、生クリーム、牛乳をミキサーに入れて
  滑らかになるまで混ぜる。
②①にレンジで溶かしたゼラチンを加えて混ぜ合わせる。
③器に入れて冷蔵庫で冷し固めればできあがり。

20190309-1

飾り用のマンゴーとミントを飾って出来上がり。


またまた超簡単なデザートです。

【蜂蜜ヨーグルトのムース】
20190112-1

<材料>
カスピ海ヨーグルト  240g
生クリーム      200cc
粉ゼラチン        5g
水           45cc
蜂蜜          70g 
ミックスフルーツの缶詰  1缶
 
*粉ゼラチンは45ccの水でふやかしておく。

<作り方>
①ボウルにプレーンヨーグルトと蜂蜜入れて混ぜる。
②ゼラチンを30秒レンジ加熱して溶かして①に加えて混ぜる。
③②の生地を少し冷やしてとろみが付いたら生クリームを7分立てにして
  よく混ぜる。器の底にミックスフルーツを入れて生地を流す。
④固まったら上部にミックスフルーツを飾って出来上がり。

20190112-2

カスピ海ヨーグルトを使いましたが
プレーンヨーグルトならなんでもOKです。
甘さはお好みで調整してください。



20181209-2

【パンナコッタ】

<材料>
牛乳       100cc
生クリーム    100cc
板ゼラチン      5g
蜂蜜        35g 
水        100g
ダークラム酒    15cc
柿         適宜
*板ゼラチンは水につけてふやかしておく。

<作り方>
①蜂蜜と牛乳と生クリームを小鍋に入れて加熱し、沸騰前に火を止めて
 板ゼラチンを入れて完全に溶けるまで混ぜる。
②ダークラム酒をいれて器に入れて粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
③生地が固まったら柿を飾って出来上がり。

20181209-1

柿があったので使いましたが
お好みのフルーツで飾ってもいいですし
ジャムやフルーツソースで食べるのも良いですね
これは超が付くほど簡単なお菓子です。
ストーブで暖かい部屋なら
冷たいお菓子もいいですよね。

和栗でマロンクリームを作ってあったので
ムースを作りました。

【和栗のムース】
20181113-2

<材料>
自家製マロンクリーム   200g
生クリーム        200g
板ゼラチン          6g
蜂蜜           大匙 1 
水            100g

*板ゼラチンは水につけてふやかしておく。

<作り方>
①蜂蜜と水を小鍋に入れて加熱し、沸騰前に火を止めて板ゼラチンを入れて
 完全に溶けるまで混ぜる。
②生クリームを七分立てくらいに泡立てる。
③マロンクリームと①をあわせてバーミックスで混ぜる。 
 さらに②の生クリームを加えてしっかり混ぜ合わせる。
④容器に入れて最後に渋皮煮を乗せて冷蔵庫で冷やし固めて出来上がり。

20181113-1

自家製でなくてもマロンクリームがあれば
簡単にできるデザートです。

時々カスタードプリンが食べたくなります。
思い立ったらすぐに作れる手抜きレシピで。
いつも茶碗蒸しの器で作ってます。

【カスタードプリン】茶碗蒸しの器2個分

20181012

<材料>
卵     1個
卵黄    2個
牛乳  170cc
蜂蜜   30g(適当に入れたのでこの位だったかな)
カラメルタブレット  器ひとつに3個
<作り方>
①ボウルに卵と卵黄を溶きほぐし、蜂蜜を加えて混ぜる。
②牛乳を入れて混ぜる。なめらかに仕上げるために、こし器で一度こす。
③カラメルタブレットをいれた器に注ぎ、レンジの強で2分、弱で3分加熱する。
④表面を指で軽く押して何もつかなくなるまで、様子を見ながらレンジの弱で
 追加加熱する。
⑤粗熱を取ったら冷蔵庫で冷やして出来上がり。

レンジで加熱する時は器の大きさ等で
時間が変わるので様子を見ながら
少しづつ加熱するとスが入らずに仕上がります。
オーブンも蒸し器も使わないので簡単。
カラメルソースを作ろうとすると面倒くさくなるので
カラメルタブレットを常備しています。
少量作る時はレンジが便利。