FC2ブログ

夜になっても少しも涼しくないですね。
この夏もペルセウス座流星群の時期です。

国立天文台のHPによれば
今年のペルセウス座流星群の活動は
8月13日16時頃に極大を迎えると予想されています。
今年は8月15日が満月のため、
明るい月明かりの影響はほぼ一晩中続きます。
これは、流星を観察するにはたいへんよくない条件です。
ただし、13日朝の薄明前のほんの短い時間だけ、条件のよい時間帯があります。
普段より目立って多くの流星を見ることができるのは、
11日の夜から13日の夜までの3夜ほどでしょう。
12日の夜に、最も多くの流星が出現すると予想されます。
いずれの夜も、夜半頃から流星が出現するようになり、
薄明の始まりに近づくにつれて流星の数が多くなると考えられます。
ほぼ一晩を通して満月間近の月が出ているため、
空の暗い場所で観察をしたとしても、
見られる流星の数は最大で1時間あたり10個程度にとどまりそうです。
そんな中でも、8月13日の未明、
月が沈んだ後から薄明が始まる前の1時間程度は、
空が暗い場所であれば、1時間あたり30個程度という、
多くの流星を見ることができる可能性があります。
月明かりの影響がほぼなくなり、
まだ空も明るくなり始めていないためです。
観察の計画を立てるときは、
なるべくこの時間帯を含めるようにするとよいでしょう。

とのことです。

お盆休みなので夜更かししても大丈夫。
8/13の未明を狙ってみましょう。
途中で寝落ちしそうですけれど。
でも、お天気も気になりますね。

2月20日の満月は、2019年で最も大きな満月です。
その前日の2月19日、月は18時3分に近地点を通過し
日付が変わってすぐの2月20日0時54分に満月となります。
満月の瞬間の地心距離は約35万7千キロメートル
視直径は33分29秒角です。
つまり、今年最大の満月は、
満月の日である2月20日の夕方に
昇ってくる月ではないことに注意しましょう。

と国立天文台のHPにありました。

20190219

なのでお天気が回復すれば
19日から20日になる時間に夜空を見るとよいということですね。
寝てしまうかも・・・(笑)

13日、14日は三大流星群のひとつ
「双子座流星群」が出現のピークを迎えます。
流星群は、彗星から放出されて
宇宙空間に残ったちりの集団が
地球の大気に衝突して光を放つ現象です。

20181214

国立天文台によると

今年のふたご座流星群は
12月14日21時頃に極大を迎えると予想されています。
今年は12月15日が上弦のため夜半頃に月が沈み
その後はたいへんよい条件で流星を観察することができます。
特に多くの流星を見ることができるのは
13日の夜、14日の夜の2夜だと思われます。
いずれの夜も、20時頃から流星が出現し始め
夜明け前まで出現が続くでしょう。
空の暗い場所で観察したときに見える流星の数は
最も多いときで1時間あたり40個程度と予想されます。
22時頃から本格的に流星が現れ始め
未明まで流星の出現が続くと考えられます。
放射点の高度が最も高くなるのは2時頃です。

とのことですよ。
肉眼で15分以上観察するのがお勧め。
寒いので暖かくして。
雲がかからないといいなぁと願って。