FC2ブログ

先週末のことになりますが
親戚が集まってお食事会がありました。
星宙1

リーガロイヤルホテル「星宙」で日本料理でした。

星宙2 
先附 雲丹の箱盛り
    生うにと帆立貝の見返し胡麻豆腐掛け
星宙3
前菜 前菜猪口盛り
    しゃきしゃきもずく 茶振りなまこ
    ヤーコン生ハム胡麻クリーム掛け
    床節と才巻海老の澤煮黄味酢掛け
    わかさぎの南蛮漬け 煮穴子の棒寿し
    軸防風
星宙5
椀物 ずわい蟹の黄味真蒸 炙り唐墨
    うぐいす菜 松葉柚子
星宙6
向附 白身重ね盛り
    寒鰤のお造り 引っ下げ焼き霜造り
    山葵昆布 醤油の実醤油
星宙7
焼物 まなかつおの味噌柚庵焼
    すだち 酢取り茗荷
星宙8
炊合 たら白子玉締め
    敷き海老芋 フカヒレ銀餡掛け
    三つ葉 生姜
星宙9
食事 筍の炊き込みご飯
星宙10
水物 苺の杏仁豆腐 レモンゼリー掛け
    ミント

ご馳走様でした。
年に一度こういう集まりで親戚が集まれるのは
嬉しいことです。楽しい新年会でした。
今年も元気に過ごしましょう。





情報番組で聞きなれない言葉を耳にしました。
「ドライシンドローム(乾燥症候群)」と「皮膚粗鬆症」。
ドライシンドロームはドライスキン、ドライマウス、ドライアイの
三つを総称した造語だそうです。
皮膚粗鬆症は皮膚の栄養の足りない状態
つまりコラーゲン、ヒアルロン酸の不足状態のことだそうです。
これが足りないとたるみやしわの原因とのこと。
そして皮膚の代謝を正常にするのがビタミンAで
レチノールを多く含む食品を摂取するといいのだそうです。
ちなみに卵、鰻、レバー、乳製品がその食品ですって。
卵や乳製品ならこまめに摂取出来そうですね。

乾燥する時期は洗顔も大事です。
皮脂を落としすぎない事とこすらない事。
石鹸教室の先生も洗顔は泡ですること
体を洗う場合もごしごし擦らないで泡立てネットなどで
十分泡を作ってその泡で洗うようしましょうと
おっしゃっていました。

乾燥している季節にはシアバター、マンゴーバター等を配合した石鹸や
肌を元気にしてくれるマカデミアナッツオイル配合の石鹸の
お問い合わせが多いです。
保湿系が人気なのも納得しますね。


カオリンQ10w石鹸2013 冬の恋人石鹸

マンゴーQ10石鹸 マカダミア石鹸

マカデミアクロレラ石鹸
上から順に、カオリンQ10w石鹸、シアバター石鹸
マンゴーバター石鹸、マカデミア石鹸、マカデミアクロレラ石鹸です。
 

オーダーカオリンQ10w石鹸2

カオリンQ10w石鹸」を絶賛してくれたMさんが
1バッチ1ロット(オイル総量500g)でオーダーしてくれました。
間違ってMさん以外に渡してしまうといけないので
丸型ではなくスクエア型で作りました。
オーダーカオリンQ10w石鹸1

同じ材料を使っているのに四角いだけで
趣が違って見えるのが不思議です。

Mさんはティートゥリーが大好きなので
香りはゼラニウムブルボンとティートゥリーの
組み合わせに変えました。

Mさんオーダーありがとうございます。



雪の朝1

小学生のいつにない楽しそうな声が聞こえてきたので
外を見たら珍しく雪が積もっていました。
まだ足跡の付いていない校庭が真っ白でした。
うっすら積もった雪でも遠目には綺麗でした。
もちろんあっという間に登校してきた生徒たちによって
いつもの校庭になってしましましたが・・・。
雪の朝2

雪の朝3

我が家のベランダも朝は雪が積もって植物たちが寒そうでした。

雪の朝4
駐輪場の屋根に積もっていた雪です。

今日は晴れているので、雪はすぐに解けてしまいましたが
ストーブを付けているリビングがまだ15度にしかならなくて
手がかじかみます。
あ~さむぅ。



マカデミアクロレラ石鹸

まだまだ北風が冷たく、寒いのですがこの石鹸の解禁日には
そろそろこんな現象が起きそうなので仕込んでおきました。
先日テレビで放送していたのですが
積もった雪を濾過すると真っ黒な物質が残るので
調べてみると、スモッグなどの有害物質だったそうです。
黄砂とともにこれらも飛んできているのかもしれませんね。

関西は暖かくなると大陸から黄砂が飛来して
目がかゆくなったり、肌荒れになったりします。
私も黄砂で肌荒れを起こすのでクロレラ入りの
マカデミア石鹸を仕込みました。
以前、石鹸教室でクロレラ入りの石鹸を製作した時に
先生が、「クロレラは有害物質の除去にも良い」といわれていたので
肌荒れ防止にクロレラと蓬パウダーをオプションで入れました。
色は深緑(画像では黒く見えています)なので少しだけ白い生地のままにして
ゆるいレイヤーにしました。

前回製作のマカデミア石鹸(コチラ~


≪マカデミアクロレラ石鹸≫
【原材料】マカデミアオイル、スイートアーモンドオイル
      オリーブオイル、米油、キャスターオイル
      ココナッツオイル、パームオイル、
【SF】 ホホバ
【OP】 グリーンクレイ、ヨーグルトパウダー
     クロレラパウダー、蓬パウダー
【EO】 ゼラニウムブルボン、ラベンダーフレンチ


クロレラ:クロレラとは、顕微鏡で見えるくらいの小さな小さな緑藻です。    
     成分:ビタミンB,E,K,プロビタミンA、カルシウム、マグネシウム、鉄、
      カリウム、亜鉛、葉緑素(クロロフィル)、ミネラルなど
     ビタミンが豊富に含まれているので、たるみ、くすみが気になる方、
     乾燥肌にオススメです。
     (クロレラの説明は購入したピーチピッグさんからお借りしました。)



昨夜、友人Mさんからこんなメールがありました。
メールの内容を引用させてもらいます。
「今夜シアバターソープ(カオリンQ10w)使ってみました。
なんか、しっとり感が違う!めっちゃいい!(中略)
仕込み中のを買い占めたくなりました。この季節だからか
他のが使えなくなりそうなくらい気に入りました。」

カオリンQ10w石鹸2013

この石鹸を使った後、今までになく、肌がつやつやになったとのことでした。


絶賛の報告に嬉しくて気持ちがほっこりしました。
こんな風に言ってもらえるとソーパー冥利につきます。
これからも頑張って良い石鹸を作りますね。





型から出して塊のまま放置すること丸一日。
こんな状態です。
和のエキス石鹸1

和のエキス石鹸2

なんだか白っぽいけれど大丈夫か?
側面がまだらになってる気がする。
このままもう一日置こうかな・・と迷ったけれど
断面も確認したかったのでいつものように
カットしてみました。
和のエキス石鹸3

表面が少し模様のようになっているけれどまあまあいい感じ。
型入れ時に上部にストライプの模様を付けたのが
今回は良かったようです。
和のエキス石鹸4

一月後の解禁日には水分もいい感じに乾いて生成りの石鹸になると思います。
和のエキス石鹸5

あー良かった。

先生が和のエキス抽出に使用したものは桃の葉、蓬、雪の下
プラス和漢エキスだそうです。
このエキスを仕込むかどうかは使い心地を試してからですね(笑)



またまたレアピノが出ました(笑)
赤レアピノ1

今までは黒い箱のビタータイプのピノで
星型のレアピノが出ていたのですが(前回のレアピノ~

赤レアピノ2

なんと赤い箱のピノでも出ましたよ!!
二度あることは三度ある・・・とはこのことです。
こんなに星型が出ると次はハート型が出て欲しいなぁと
欲張ってしまいます。
ほんとハート型を見たい・・・。





今日は今年初めての石鹸教室でした。
「和のエキス石鹸」を作りました。
エキス自体は先生が仕込んでおいてくださったものを使用しました。
何を使ってエキスを抽出したのかを習ってきたので
この石鹸の使い心地を試してから仕込もうと思います。

作成中いつになく固まるのが早くて皆で大あわて。
友人はぷるぷるの塊を型にいれるのに一苦労していました。
私自身も精油を入れる頃にはババロワ状態。
なんとか型に入れましたが、上部が平らにならなかったので
とっさにフォークで筋をつけて飾りにしました。
保温箱で熟成中ですが、型出しが楽しみ?です。
使う材料や精油によってトレースの出る速さが違うことは
経験から知っていたつもりでしたが
こんなに早かったのは初めてです。
まだまだ知りたいことがたくさんです。
石鹸も奥が深いです。

写真は型出ししてからにします。


20日は二十四節気のひとつ「大寒」です。
極寒の候だが、かすかに春の足音も聞こえ始める。
太陽の光にもわずかながら春の兆しがみえてくる。
と暦の本にありました。
たしかに昨日までよりほんの少しですが暖かいです。

********************************
カオリンQ10w石鹸

カオリンQ10w石鹸を製作してから一ヶ月半熟成したので使ってみました。
シアバターとスイートアーモンドを使ったのでしっとりなめらかな泡でした。
キャスターオイルもいい仕事をしてくれて泡がクリームのような感じ。
ゼラニウムブルボンとラベンダーの組み合わせなので
香りもしっかり残っています。
この組み合わせが大好きなのでよく同じ香りになりますが
ゼラニウムのアンチエイジング効果は魅力です。
オプションにシルクパウダーをいれているので
洗い上がりがつるっとしています。
次の分を仕込んでおいて正解。
もうしばらくは寒くて、乾燥した日々が続きそうなので
この石鹸は肌の味方になってくれそうです。


今朝は近畿地方も冷えました。
ベランダの水が凍っていました。
初こおり

葱の植木鉢の上に置いて出掛けたのですが
昼下がりになっても解けていませんでした。
車の温度計を見ると、11時は3.5度
午後3時でもやっと5度でした。
雪がときおり舞います。
凍えるシクラメン

ガーデンシクラメンもあまりの寒さに元気がありません。
今夜は室内に入れてあげないとだめですね。



名前ながっ!!
この石鹸は友人Pさんのリクエストで作ったもの。
名前が長すぎるので勝手に短くして「モロカンアルガン黒石鹸」にしました。
黒オリーブを一月位オリーブオイルに漬けておきます。
そのオリーブを細かく刻んで石鹸生地に混ぜ込みます。
モロカンアルガン黒石鹸1

カット前のバーの状態だとこんにゃくの塊の様です(笑)

友人Pさんはこの石鹸が大好きなのだそうです。
解禁日が待ち遠しいです。
モロカンアルガン黒石鹸2

≪モロカンアルガン黒石鹸≫

【原材料】オリーブオイル、米油、アルガンオイル
ココナッツオイル、パームオイル、
【SF】 ホホバ
【OP】 ガスール、黒オリーブ(細かく刻む)
【EO】 ティートゥリー



続きを読む

今日でお正月の行事も終了。
15日は小正月で小豆粥を食べる日。
小豆粥2013-1

「小豆粥」を食べることで邪気を払い、万病を退けるとされている。
小豆には腎臓の働きを助ける作用があるので
むくみが気になる時は、塩少々で味付けした茹で小豆を
食べると良いと言われている。
お正月にご馳走で疲れた体を労わってあげる為にも
小正月に小豆粥を食べるというのは理に適っているのですね。

小豆粥2013-2

11日の鏡開きの時にぜんざいを作るために茹でた小豆を
砂糖を加える前に除けてあるので
夜になってしまいましたが、「小豆粥」を炊いて食べました。




明日は大阪で月に一度の講座の日。
お茶菓子の当番なのでまたまたシフォンケーキを焼きました。
オレンジがあるので「オレンジシフォンケーキ」に決定。
オレンジシフォン1


レシピはこちらからCpicon ♡ オレンジシフォンケーキ♡ by ko~ko

替えたのはオレンジピールではなく、自家製の「八朔ピール」を使ったところだけ。

オレンジシフォン2

このレシピは本当にふわふわで失敗なく焼けます。


熟成中から人気があり既に手持ちが無い状態になってしまったので
丸型で作ったカオリンQ10w石鹸をまた仕込みました。
今回も丸型にしました。

カオリンQ10w石鹸2013

シアバターが保湿、レッドパームが「傷や荒れ肌の修復を助ける」という
皮膚への大きな効用があるので、乾燥が気になる冬には
特にお気に入りの石鹸です。
解禁になる2月は一番寒い頃なので私には必要な石鹸です。



前回「レアピノ」を見てテンションが上がった私。(前回のレアピノ~
ハートもあると知り、ピノの箱を開けるたびに
ついつい期待してしまう。
今日も何気なく箱を開けて
えっーーーーー!!

レアピノ2013-1

また星の形のピノが入ってる。
レアピノ2013-2

びっくりしたし、うれしかったけれど
既に今年の運を使ってしまった気分。
あの店のピノは「レアピノ」がいっぱいあるのかしら?
ハート型はあるかしら?
ただ、夕方見たら、ピノが売り切れていた。
残念!!!



この辺りでは、15日の小正月までは
松の内なのだけれど、床の間に飾っていた鏡餅をしまうと
家の中はもう平常どおり。
玄関のしめ縄だけがもうひとつ行事があることを思い出させてくれる。

鏡開き後の餅を入れるわけではないけれど
小豆を炊いて、15日の小豆粥用に「ゆで小豆」をすこし除けておいて
「ぜんざい」を作る。
栗きんとんのために購入した栗の甘露煮が残っていたので
今回は栗ぜんざいにグレードアップ(笑)

鏡開き2013

あ~餅が沈んでる・・・

【ぜんざい】
<材料>
 丹波大納言小豆   200g
 上砂糖         100g
 
<作り方>
①小豆を静かに水洗いしてざるにとり、水気をきっておく。
②たっぷりの水といっしょ鍋に入れて中火にかける。
沸騰したら7~8分ゆで、ゆでこぼす。同じ要領で二回繰り返す。
③小豆と水5カップを中火にかける。途中、豆が汁から出たら豆が隠れる位の水をたす。豆がおどらない程度の火加減で煮る。菜箸でつまんで、豆の腹がつぶれる位まで、約1時間煮る。
④上白糖40gを加え中火で煮る。焦げないように注意する。
⑤五分ほど煮たら、残りの上白糖を30gずつ少し間をおいて加え、なじんだら火を止める。

椀に盛って焼いたお餅をのせたら出来上がり。
お好みで栗の甘露煮を入れたら栗ぜんざいです。



商売繁盛を祈る「十日えびす」。
福娘が有名でテレビで中継されるのは大阪の今宮神社ですが
我が家は代々、えびす神社の総本社・西宮神社にお参りしています。

去年、一昨年と鳥居の大分手前から入場制限になっていたので
宵えびすの今日、少し早目に出掛けました。
十日戎1
平日のせいかすいすい境内に入れました。
十日戎2

明日の福男選びの看板。
ニュースにも取り上げられる行事です。

十日戎3

こんな旗が飾られていることも今年は余裕を持って
見ることが出来ました。


十日戎4

ここから本殿前に進みます。

十日戎5

人垣が出来ているのが大マグロ。
八日に神戸市東部水産物卸売協同組合など
3事業者が大漁を願い43年前から奉納。
体長2.5メートル、体重250キロの鹿児島産の
本マグロで刺身にすると1300人分。
十日戎6

このマグロに賽銭を貼ると「お金が身につく」とされ
参拝者たちが胴体に張り付けています。
既にびっしり賽銭が付けられていますね。

お参りを済ませて、例年のように「福笹」をいただいて
まっすぐ帰ってきました。

えびす様、今年もよろしくお願いします。


一年間ドイツに留学していた友人が
昨年末に帰国したので久しぶりにランチへ。
友人といっても、もともとは私の担当だった鍼の先生。
あ、鍼の先生といっても若くてチャーミングな可愛い女性。
治療の時もいろんな話で盛り上がっていた。
ドイツに滞在中も時々メール交換をしていてオーロラの写真も送ってもらっていた。
私自身がかなりヨーロッパを回っていたこともあり
EUを旅していた話は、とっても楽しくて、あっというまに
時間が過ぎて行った。

もうひとつ、びっくりしたのがドイツに行っている間に
「水曜どうでしょう」とチームナックスのファンになっていたこと。
旅の話の合間にそっと北海道の番組でヨーロッパをまわる・・・と
彼女が言った途端、水曜どうでしょうだよねと反応してしまった。
二人ともこんな身近に通称「どうバカ」がいたことで
さらに話が盛り上がって、ナックスのお芝居や
どうでしょう祭りにも一緒に行こうという話になり
お互い相方が見つかったことを素直に喜んだ。
縁というのは不思議なものだ。
お互い年齢差を飛び越えて盛り上がれるのだから。


トルコ土産1
トルコ土産2
トルコ土産3

トルコの可愛いサラダボールとマグネット
現地にしかないスープをお土産にいただいた。
ありがとう。

あー旅に出たい。






七草粥2013

本当は七日の朝に粥を炊いて無病息災を祈る習わしですが
朝はゆっくり粥を炊いている時間が無いので夜に七草粥を食べます。

春の七草
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ
すずな、すずしろ

ときどき思い出さないと春の七草を全部言えなくなってしまいます。
七草の若菜といえば百人一首のこの歌を思い出しますね。
「君がため春の野に出でて若菜摘む わが衣手に雪は降りつつ」

春の七草のパッケージにも以下の記述がありました。
【由来】
古い中国の習慣が日本に伝わり、醍醐天皇の延喜十一年から
正月七日に七種の若菜を調進することが公式化され、「枕草子」にも
「七日の菜を六日に入がもて騒ぐ」の記事があるように七日の朝に
七草粥を炊いて、無病息災を祈るならわしができました。


時間が無い時もありますが、伝統行事はできるだけ守りたいなと思います。




初詣20131

少し遅くなったけれど、混雑をさけて三日に氏神さんに初詣。
風が冷たくて寒かったけれど、氏神さんに新年のご挨拶をして
今年の破魔矢を求めてました。
初詣20132




お正月とは全く関係ないけれど
ピノの箱を開けたらいつもと違った形のアイスが入っていました。
珍しかったので思わず写真に収めました。
レアピノ2013

これって当たりなのかな?と思って調べてみたら
星型のピノは「願いのピノ」と言われるもので
超レアな確率で出現するレアピノと呼ばれているらしい。
うわさによるとわずか3パーセントでしか発生しないといわれているそうな。
こんなことってあるんですね。
お正月のちょっぴりいい事でした。

初詣20133

毎年元日は弟一家と一緒にお祝いします。

まずはご挨拶の後、和菓子でほっこり。
和菓子201301011 和菓子201301012


カードゲームで遊んで、さあ今年のおせちです。
おせち20130101-2 おせち20130101-1
おせち30130101-3
・黒豆
・二色玉子
・伊達巻
・栗きんとん
・ハムとチーズのミルフィーユ
・炒めなます
・ミニトマトのハニーマリネ
・お煮しめ(こんにゃく、人参、ごぼう、慈姑、里芋、蓮根)
・たたきごぼう
以上が我が家のお重です。

おせち20130101-4 おせち20130101-5
おせち20130101-6
・紅白かまぼこ
・伊達巻
・ごまめ
・二色玉子
・牛肉の八幡巻き
・のし鳥
・鮭の南蛮漬け
・黒豆

そして大皿のバストラミポークのサラダが弟一家のお重です。


このあとてっぺん(夜中の12時)近くまで遊んで元日が終了しました(笑)
おかげで楽しい一年のはじまりになりました。
笑う門には福来る・・・ですね。



あけましておめでとうございます。
床の間201212312

今年もいろいろな石鹸を作って紹介したいと思います。
もちろんお菓子もたくさん焼きたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。


今年は癸巳。
さてさて、どんな年になりますやら。
床の間201212311

この巳の張り子のように、にっこり出来る一年になりますように。


とりあえずそれぞれの持ち場で奮闘しましょう。