FC2ブログ

今日は水無月の30日。
氏神様にお参りに行ってきました。

夏越の祓201306304

夏越の祓の行事としてよく知られているのは「茅の輪くぐり」です。
神社の境内に茅で大きな輪を作り、この輪をくぐることで
病気や禍を免れようという神事です。
「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延というなり」
 と唱えながらこの輪を、先ず左足から踏み入れ 8の字を描くように 3度くぐ
 るのが正しい茅の輪くぐりだそうです。

夏越の祓201306301

茅の輪のくぐり方が図で説明してありました。
夏越の祓201306302

この神社では夕方五時から夏越大祓を行うとのことでした。
夏越の祓201306303




それから夏越の祓といえば和菓子の「水無月です。」
夏越の祓201306306

これについては水無月を購入した福寿堂さんのコラムからお借りしました。

6月にはその名も「水無月」という生菓子が京都で知られています。6月30日の夏越の祓(なごしのはらえ)に食べるものとされ、これによって災いを祓いひと夏の無事息災を祈るのです。「夏越」という言葉には「和(なご)す」の意味があり、それこそ悪鬼邪鬼を和ませ安らわせしむるのが夏越の祓でした。
「水無月」というお菓子は、いずれの和菓子屋でも、三角の外郎に小豆をのせたものです。この三角という形は氷を模したものです。いまのように冷凍設備などない時代に、夏の氷は限られた者しか口にできぬ貴重品でした。氷室という、夏でも温度が低く氷がとけない土中の穴などを、貯蔵庫としていたのです。氷室の氷を取り出して、暑気払いと夏の厄除けに食したのが「氷室の節会」という習わしでした。ところが一般庶民には夏の氷などとても口にできるものではありません。そこで白い三角の外郎を作り氷のかわりとし、また赤い小豆も厄除けの効用が語られていましたので、外郎に小豆をのせて、素朴な庶民の厄払いとして食されてきたのです。


今年も半分が過ぎました。
茅の輪をくぐって、水無月を食べて後半もきばっていきましよう。
夏越の祓201306304 夏越の祓201306306


帰りの道すがら見つけた涼しげな花
夏越の祓201306305

今日は湿度が高いようで、こんな日は
青い花がほっとした気分にさせてくれます。



二本入りの牛蒡だったので残った一本をどうしようかな。
いろいろ考えたのですが
牛蒡そのものを味わうクリームスープを作ってみました。



【牛蒡のクリームスープ】
牛蒡のクリームスープ

<材料>
牛蒡・・・・・1本
男爵・・・・・1個
玉葱・・・・・1/2個
塩・・・・・・小さじ1/2
砂糖・・・・・小さじ1
牛乳・・・・・50cc位

<作り方>
①牛蒡は皮をこそげて5mmの輪切りにして水にさらす。
②玉葱と男爵は薄切りにする。
③鍋に玉葱、水500cc、塩、砂糖を入れ、男爵と水気を切った牛蒡を
加えて火にかけ、野菜が柔らかくなるまで30分位煮る。
④③をバーミックスでポタージュ状にする。
⑤牛乳を加えて温めて出来上がり。

温かいのも美味しいですが、暑い季節は冷たいのも良いですよ。
写真は冷たいスープのものです。


最近の固定電話は電源が入らなければ
電話として使えない…。
これってすごく困りますよね。
実はACアダプタの本体側の差し込み口が
接触不良で電話の電源がしょっちゅう切れる状態に。
お客様相談室で事情を話したものの、電話が無い状態は
大変困るので買いに行きました。
まだ二年しか使ってないのにorz
予想外の出費でした。

電話機が新しくなるということは
全ての設定をしなければならないということ。
トリセツを見ながらこつこつやりました。
あーめんどくさかった。



梅雨空ではありましたが
いつもの三人で恒例の風和里さんでお食事。
楽しくドライブしながらまずは熊野園へお茶を買いに。
解りにくい場所でしたが落ち着いたお茶屋さん。
Nさんお薦めの「粉末煎茶」とほうじ茶を買いました。

そして風和里さんへ。
いつもはお店の前の駐車場なのですが
満車状態だったので第二駐車場へ。
お部屋も初めてのイス席でした。
そのお部屋に飾ってあったのがこれ。
↓ 氷で冷やす昔の冷蔵庫。レトロで良い感じ。
レトロな冷蔵庫1
ここに氷をいれるのです。
レトロな冷蔵庫2



ではではお料理の紹介。

風薫る爽やかな季節から、夏へと向かう
水無月のお献立です。

風和里2013062301
先附  黒豆豆富と新蓴菜

風和里2013062309

風和里2013062305

風和里2013062306

風和里2013062307

風和里2013062308

風和里2013062304

風和里2013062303
これが1つの籠に盛られたのがこれです。

風和里2013062302
八寸  旬菜いろいろ

風和里2013062310
椀物  玉蜀黍の摺流し豆乳仕立て

風和里2013062311
向附  海里のおくりもの

風和里2013062312
煮物  米茄子と穴子の餡掛

風和里2013062313
横からも写してみました。
風和里2013062314
箸休め うすい豌豆と長芋のゼリー寄せ

風和里2013062315
焼物  天魚の汐焼

風和里2013062316

風和里2013062317
食事  新生姜ごはん

風和里2013062318

風和里2013062319
水菓子 抹茶のアイスクリーム
    無花果のコンポート
珈琲

どれもとっても美味しかったです。
玉蜀黍の摺流しは思わずおかわり…と思いました。
米茄子と穴子の餡掛も好きなものが組み合わさっているので
おもわずにんまり。
美味しいものをいただくと幸せな気持ちになります。
気の置けない友人と楽しいおしゃべりをしながらのお食事は
口福=幸福なひと時でした。


帰ってきてからお茶しに行ったケーキ屋さんは
夜になるとケーキが割引になります。(素敵なサービス)
このメロンショートはあっさりしていて好みの味。
風和里2013062320

ここでもおしゃべりをして名残り惜しいけれど解散。
いつも予約をしてくれるTさん、運転してくれるNさんありがとう。

次のお食事会も楽しみにしてます。
それまでお互い仕事を頑張りましょうね。

-----------------------------------

後から知ったのですがこの日は満月。
それも「スーパームーン」でした。
道理でこの日は帰り道での事故の場面が多かった。




今日も朝から雨。
流石に涼しいです。

ホースラデッシュの若葉をサラダにしようと思ったら

こんなことに…
ホースラデッシュ20130621
よく見たら青虫が食事中。(先にとったので青虫は写っていないはず)
人間が食べて美味しいものなら虫も好きだよね。
ベランダに蝶がよく飛んでいるので注意するべきでした。

今日は二十四節気の「夏至」です。
暦の本によると
一年中で最も昼が長く、夜が短い頃。
陽気盛んで降水量も多く、梅雨の真っ盛りで鬱陶しい。
農家は田植えで大繁忙。

とあります。

夏至の頃はなかなか暗くならないので
用事をしていて夕食の支度が遅れたりします。

そういう時はリメイク料理の登場。
アクアパッツァの残りで魚介のパスタです。
魚介のパスタ
簡単を通り越して、もはや料理と言えない…(笑)



台風4号が梅雨前線を刺激しているとかで
降るとなったら激しい雨です。
仕事が終わって外に出たとたんにスカートが
びしょびしょになってテンションが下がった十六夜です。





ときどき無性に食べたくなるじゃがいもの冷製スープ。
ちょうど茹で鶏を作った後のスープがあったのでそれを使いました。

【ヴィシソワーズ】

ヴィシソワーズ

薄切りにした玉葱1/2と男爵芋2個をオリーブオイルで炒める。
チキンスープとベイリーフを入れて柔らかくなるまで煮る。
バーミックスでなめらかにしたら牛乳を加えて
お好みの濃さにして出来上がり。

器に盛ってから胡椒とパプリカを散らす。
冷たくても、温かくても美味しいスープです。

炒めるときはバターにした方がコクが出ます。



野菜の便利帳によると
「もやし」は植物名ではなく
豆、米、麦、野菜の種子を水にひたし、
日光を遮断して発芽させた若芽の名称です。
見た目はか弱いイメージですが
豆にはないビタミンC、ビタミンB群
疲労回復に効果的なアスパラギン酸、カリウム
カルシウム、鉄、食物繊維などを含んだ栄養価の高い野菜です。
とのことです。

もやしって安いですよね。
家計に優しい、年中ある野菜です。
またまた簡単な(手抜きともいう)一品です。

【もやしのナムル風】

もやしのナムル風

①もやし一袋は洗ってさっと茹でて水分を絞る。
②①に胡麻油大さじ1+1/2、塩小さじ1/2、鶏ガラスープの素小さじ1/2を
 加えて良く混ぜる。
③仕上げにすり胡麻か炒り胡麻大さじ3を加えて出来上がり。


明日からしばらく雨のようです。
紫陽花201305312
紫陽花は雨の方が美しい。
紫陽花1



月曜日も日差しがきつく、暑いです。
気温が高くなるとサラダばかり食べたくなります。
アボカドとトマトのサラダ2

アボカドについて(フルーツの便利帳より)
栄養価の非常に高い果実で、果肉に脂肪分が多いため
森のバターと呼ばれる。ただその資質はコレステロールを
減らす働きがあるオレイン酸が主体なので心臓疾患のリスクを
高めたりしない。またビタミン類、ミネラル、食物繊維も豊富で
高血圧や脳梗塞の予防にも効果的。
「若返りのビタミンといわれるビタミンEを含むので
 老化、シミ、ソバカスを防止する。美白効果のあるビタミンCと
 一緒に摂れるので抗酸化作用も高まり、相乗効果が得られる」
とあります。
カッコ内は特に女性には嬉しいですね。



【アボカドとトマトのサラダ】
アボカドとトマトのサラダ1

アボカドは半分にして、皮をはがして適当な大きさに切る。
トマト一個も食べやすい大きさに切る。
黄色のパプリカ半分は小さく切る。
レタスの上にパプリカを散らし
お好みのドレッシングで和えたアボカドとトマトを乗せる。


色どりが鮮やかで夏らしいサラダになりました。
アボカドとトマトのサラダ3
またまた手抜き料理です。



土曜日は久しぶりの雨。
雨粒20130615

梅雨に入ってからずっと晴れだったので
植物たちには恵みの雨だったと思います。
ベランダの蔓紫の背丈が雨の後、急に伸びました。
蔓紫20130615
大きな葉の水滴が涼しそうです。


そしてずいぶん大きく茂り始めたミント。
ミント1

ミント2

綺麗に色づいた梅の実。
梅の実20130615


やはりほどほどに雨が降らないといけませんね。

雨で涼しかったので料理が苦にならなかったし
週末でもあったので初めての料理に挑戦。



【あさり入りポークソテー】
あさり入りポークソテー

①豚肉は3cm位に切って、塩麹大さじ1、オリーブオイル大さじ1
 みじん切りのにんにくでマリネする。
②あさりは洗って塩水につけて、砂出しをする。
③鍋に大さじ2のオリーブオイルを入れて熱し、マリネした豚肉を
  5分間位焼いたところにあさりを入れる。水分が蒸発して肉に焼き色が付くまで
  ソテーする。
④パプリカ、コショウを入れて味見をして必要なら味を調えて出来上がり。

豚肉もあさりも安かったので作ってみました。
刻みパセリを散らせば色が綺麗だったかも…。

ワインに合いますよ。
すごく簡単です。


ミント3

ミントの葉の水滴がきらきらして綺麗。
予定がないなら雨もまたよし。



台風3号が近づくので朝から雨…という予報だったのですが
うまく逸れているみたいで昼から晴れています。
まぶしくて湿度が高いせいか暑いです。

鮪を柵で買っていたので
昨夜は残りの半分をカルパッチョにしました。
鮪のカルパッチョ
鮪を薄く切って皿に重ならないように並べたら
「サリーナ ディ チェルビア」という美味しいお塩を振って
エキストラバージンオリーブオイルをかけて
ベランダから取ってきた大葉を刻んでのせました。


簡単でおいしいですよ。
夏が近づくにつれ、なるべく火を使わずに
料理をしたいと思っちゃいますね。

ちなみに植えていないのにたくさん発芽して
どんどん成長している大葉たちです。
大葉201306111

大葉201306112

使い放題です(笑)



茄子の美味しい季節になりました。
最近は年中ありますがおいしい時期は
6月から9月の暑い時期だそうですよ。
茄子の塩モミサラダ
薄切りにした茄子に塩を振り
軽く絞ったら大葉を千切りにして一緒に和えて
ポン酢とエキストラバージンオリーブオイルを
かけて出来上がり。



そしてメインは鮪のやまかけ。
鮪のやまかけ

ちょっととろろが多かった、鮪が隠れてる。


料理が手抜きだな…反省。



実は…前に二匹いただいた「めだか」ですが
小さいほうが力尽きました。
事情を下さった方に報告したら
元気いっぱいのめだかを二匹またプレゼントしてくださいました。
めだか201306081
すいすいっと二匹が泳ぐさまが涼しげです。

前の大きいめだかは、また小さい方を追いかけそうなので
一匹だけにしておきます。

今度は大丈夫かなぁ。
めだか201306082

これからどんどん暑くなるのでちょっと心配です。



いただいた「つるむらさき」はプランターに
「ホースラデッシュ」は植木鉢に植えました。

西日の強いベランダで頑張って大きくなってきましたよ。
蔓紫はプランターのふちまで葉が広がってきました。
蔓紫20130607
上に伸びて大きくなりますよ、と聞いたのですが
なかなか背丈が伸びません。
プランターが小さかったのかしら?

そしてホースラデッシュ。
ホースラデッシュ20130607
日陰がいいと説明書にあったので大丈夫かな…と
思っていましたがすくすく育っています。
今調べたら若葉の柔らかいところは
サラダに使ってもよいとありました。
ずっと根だけを食べるのだと思っていました。
週末に使ってみよう。
どんな味がするのかしら。





早々と梅雨入り宣言をした割に雨が降らないです。
そして今日も昼は30度を超えていた…もう夏。

最近は暑いのと雨が降らないのとで
ベランダのプランターに朝と夕方の二回水をまいている。
ちょっと気を抜くと紫陽花がしおれてしまうから。

八重の紫陽花が咲きました。
白いけれど華やか。
201306042
花1つがこんな感じです。
201306043



そしてこれはパセリの花です。
201306041
意外に可愛いです。


夏に向けて太白胡麻油の石鹸を作りました。
シア太白胡麻石鹸1

胡麻油が多いと柔らかめの石鹸になるので硬さを出すために
シアバターも配合しました。
写真にすると白いシンプルな石鹸です。



≪シア太白胡麻石鹸≫
シア太白胡麻石鹸2

【原材料】太白胡麻油、米油、
     ココナッツオイル、パームオイル
     シアバター、キャスターオイル
【SF】 ホホバ
【EO】 ローズゼラニウム
     ベルガモット
【FO】 プルメリア


胡麻油の説明(抜粋しました)によると
胡麻油はアーユルヴェーダではマッサージオイルとして
とても大事なオイルです。
ただ欧米の家庭では食用油としてあまり上手に使いこなされていないので
家庭でのボディケア用品の材料としても、椿オイル同様なじみがうすく
その素晴らしさがあまり知られていないらしいです。
胡麻油は、不鹸化物として強力な抗酸化物質であるセサミン
セサモリン、セサモールを含んでいるため
リノール酸の割合が多いのに酸化安定性がとても良いのが特徴です。
胡麻油特有の抗酸化物質は皮膚に吸収されやすいので
日差しの強い季節に胡麻油を多く配合した石鹸を使うとよいようです。
また胡麻油の石鹸はオリーブ、つばき、ナッツのオイルの石鹸より
さっぱりした軽い洗い上がりの石鹸になります。
夏向き、脂性肌、ニキビ肌用の石鹸として最適です。

とのことです。

梅雨のじめじめした時や暑い時期に重宝な石鹸になりそうです。
気温が上昇するとココナッツオイルもパームオイルも
液体になるので計量はしやすいですが
シアバター等も溶けやすくなるので保管場所に困ります。






少し前に実がなっていることを発見して嬉しくなっていたのですが
熟す前にこんなことになっていましたorz
201306022
乾燥していたせいか、鳥のせいか
何とも言えないけれどとりあえず味見は出来ませんでした。


悔しいので他に実が無いか探したところ
ありました!!
201306023
これは味わいたい。
201306024
でもどこまで赤くなったら採っていいかが解らない(・・?

===================================

いただいたベリーベリーのふりかけを
アクアレール2
ヨーグルトにかけてみました。
201306021
粉なのにしっかりと甘酸っぱい香りがします。
赤い色が可愛い。
これはバニラアイスにかけるとおしゃれなデザートになりますね。
ブラマンジェやムースなどにかけても良いかもしれない。
次は冷菓を作ってかけてみよう。