FC2ブログ

久しぶりに石鹸の紹介です。
これは石鹸講座で制作したものです。
バラかな?石鹸2

名前はバラかな?ですが、色は全然バラの雰囲気ではありません。
ローズパウダーがそもそもグレイっぽい色。
ここにピンククレイを入れても綺麗な色は望めません。
というわけで香のみバラっぽい…という石鹸てす。
但し、ローズの精油は石鹸に使用するには高価すぎるので
精油をブレンドしてローズの香りに似たものを作っています。
でもローズウォーターは使っています。

≪バラかな?石鹸≫
バラかな?石鹸1

【原材料】米油、オリーブオイル
     ココナッツオイル、パームオイル
     ラード
【SF】 ホホバ
【OP】 ローズパウダー
     ピンククレイ
     美白エキス
     ローズウォーター
【EO】 ローズゼラニウム
     ゼラニウムブルボン
     パルマローザ
     ローズウッド


昨日の続きです。
金戒光明寺と隣り合わせなので歩いていけば
迷わずに真如堂に着けます。

真如堂(真正極楽寺)
比叡山延暦寺を本山とする天台宗のお寺。
参道、境内一円を楓、銀杏などが彩ります。
時期も今が一番だったようです。
真如堂20131128-04

真如堂20131128-05

真如堂20131128-03


どちらを向いてもため息の出るような紅葉。

三重塔
真如堂20131128-07

真如堂20131128-02


真如堂は散り紅葉も有名です。
真如堂20131128-01

以前来たときは本堂裏が紅葉の絨毯を敷き詰めたようでした。


また神宮丸太町駅まで歩いたのですが
途中でどこを歩いているか判らなくなりました。
でも京都は迷っているのも楽しい。
学校や小さな神社も銀杏や楓が見事でした。
この秋は急に冷え込んだので鮮やかに色づいている気がします。

途中でカメラの充電が切れかけて焦りました
撮れていない写真があって残念。




昨夜は風が強かったので
紅葉した葉が飛んでしまったのではと心配していました。
天気予報は真冬並みの寒さ…と言っていましたが
日差しがあったのでおもったよりは暖かかったです。

金戒光明寺20131128-02

以前から一度行ってみたかった黒谷の「金戒光明寺」。
神宮丸太町駅から歩いていきました。
金戒光明寺20131128-01


金戒光明寺20131128-10
この時期は秋の特別公開で山門にも上れます。
眺めが最高です。

金戒光明寺20131128-03

紫雲の庭
金戒光明寺20131128-04

金戒光明寺20131128-05

金戒光明寺20131128-06

金戒光明寺20131128-07

金戒光明寺20131128-08

金戒光明寺20131128-09



三重塔近くの紅葉
ここは京都守護職 会津藩主
松平容保公 本陣旧蹟 です。
尊王攘夷運動の嵐が吹き荒れる中
松平容保公は京都市中警護の命を受け
京都守護祝に任ぜられ、文久二年入洛
くろ谷に本陣を構えられた。
金戒光明寺20131128-11

境内北東には会津墓地があり
幕末の会津の戦死者たちが祀られている。
今年の大河ドラマが「八重の桜」なので
参拝者が多かったのかもしません。
金戒光明寺20131128-12



ここから「真如堂」へ行ったのですが
明日へ続きます


この時期は光明寺を往復するバスは臨時の直通バスなので
少し待って路線バスに乗って長岡天神に行きました。

長岡天神20131126-31

八条ヶ池からの風が一段と冷たいけれど
この池の周りの桜、楓、銀杏が色づいて
なんともいい感じ。
長岡天神20131126-32

長岡天神20131126-33



長岡天満宮は別名「見返り天神」といわれていて
菅原道真公が大宰府に左遷される途中
名残を惜しんだ地として祀られていることが由来。
長岡天神20131126-34

紅葉庭園の錦景園
長岡天神20131126-35

長岡天神20131126-36

長岡天神20131126-37

静かに紅葉を観るならこちらもお薦めです。
とても贅沢な時間を過ごせました。

長岡天神20131126-38


光明寺近くのバス停にいらした阪急バスの社員さんが
とても丁寧に説明してくださいました。
両替もして下さっていてこの時期は混雑するので
バスに乗りなれていないのでとてもありがたかったです。

今日は風が強くてどんどん色づいた葉が散っていきます。
もうすこし紅葉を楽しみたいなぁ…


風が冷たかったけれどいい天気だったので
紅葉を観に出かけました。
やっぱり長岡天神駅で下車して、まずは光明寺へ。
バスを待つ長い行列にちょっとびっくりしました。

紅葉の名所なのでどこを観ても織りなす錦です。
言葉など必要ないのだなぁ…と思います。

総門をくぐって。
表参道

20131126-01

20131126-02

阿弥陀堂周辺
20131126-03

20131126-04

20131126-05

20131126-06

20131126-07

20131126-08

20131126-09
御影堂
20131126-10


釈迦堂の辺り
20131126-11

20131126-13

20131126-14

20131126-15

20131126-16

20131126-17
黄色の楓もまた綺麗。


そしてもみじ参道
20131126-18

20131126-19

20131126-20

20131126-21



名残惜しいけれど光明寺を後にしました。
長岡天神も、もみじが見頃です…との立て看板があったので
このあと訪れましたがそれはまた明日。

紅葉の錦が美しい霜月の下旬。
20131124-6

私の最も好きな季節です。

今回は弟夫婦を誘って風和里さんに行ってきました。

余裕をみて出発したので、だいぶ早く篠山に到着。
これは野菜を買いに行こう…ということになり
JA丹波ささやま「味土里館」へ。
弟の車なので荷物の心配もなく大量の野菜を
買うことが出来ました。
安くて新鮮なので義妹共々大満足。

そして「風和里」に到着。
いつもの奥の個室だったのでゆったりした気分で
お食事スタート。では写真で紹介。

昼懐石
芋の葉や 月待つ里の 焼き畑

風和里20131124-01
先附  胡麻豆富 白味噌仕立て

風和里20131124-02
八寸  里山の錦秋

風和里20131124-03
椀物  土瓶蒸し

風和里20131124-04
向附  本日のお造り

風和里20131124-05
風和里20131124-06 下から黒豆豆腐が出てきましたよ
温菜  黒豆豆腐の茶碗蒸し蟹餡掛

風和里20131124-07
焼物  朴葉焼

風和里20131124-08
旬菜  山の芋のもずく酢

風和里20131124-09

風和里20131124-10
食事  雑穀米のじゃこ御飯 味噌汁 香の物

風和里20131124-11
水菓子 黒豆のアイスクリーム
       種子島産安納芋と和三盆のようかん
珈琲

篠山産猪肉と黒豆味噌の朴葉焼は前回もありましたが
これ大好きです。
招待した二人も喜んでくれました。

帰りに女将さんが紹介してくださった「洞光寺」の
紅葉を観に行きました。
地図を用意してくださったので迷わずに着けました。
20131124-1

20131124-3

境内は小さいのですが紅葉の錦とはこんな感じかな。
20131124-4

20131124-5

楓の紅葉が見事です。

小田垣商店で黒豆も購入して楽しい大人の遠足でした。



先週、チョコレート菓子の話で盛り上がったので
チョコがっつりのお菓子を作りたくなりました。

角型で焼こうと思ったのですが
カットする手間を省いたら
カップケーキっぽくなっちゃいました。



【ブラウニー】
ブラウニー2

<材料>
ダークチョコレート    170g
カカオマス         30g
発酵バター        100g
砂糖            60g
塩          ひとつまみ
卵              2個
ダークラム酒        15cc
ドライあんず         5個
ファリーヌ         50g
ベーキングパウダー   小さじ1
胡桃            60g

*胡桃は電子レンジで三分加熱して乾燥させる。
*ファリーヌとべーキングパウダーは合わせてふるっておく。
*オーブンを180度に予熱する。

<作り方>
①ダークチョコレートとカカオマスをフードプロセッサーにいれて
 粉状になるまで細かく砕く。
②沸騰直前まで熱くした溶かしバターを①に加えて混ぜたら
 そのまましばらく置いてチョコレートを溶かす。
③チョコレートが溶けたら砂糖を入れて混ぜる。塩、卵、ダークラム酒を
 加えて、そのつど混ぜる。
④あんずを加えて粗刻みになるまで混ぜる。ふるった粉の1/3を入れて混ぜ
 胡桃と残りの粉を入れて混ぜる。
⑤用意したカップケーキ型に④を入れて180度で予熱したオーブンで15分焼く。

うーんカップ型にするとビジュアルがいまいちです(笑)
ブラウニー1

あんずは刻みすぎて存在が微妙~。
でもチョコがビターで美味しいです。


ぐんと冷え込んだ神戸です。
あわててストーブを出しました。

栗の甘露煮と自作の渋皮煮があるので
濃いめの煎茶シフォンを作りました。

抹茶や煎茶パウダーはとても水分を吸うので
思ったより水分を多くしないと卵黄生地が固くなってしまいます。
アレンジするときは注意しなければ焦ります(笑)

【栗入り煎茶シフォンケーキ】
栗入り煎茶シフォンケーキ

<材料> 17cm型1個分
  卵白           5個
  卵黄           4個
  砂糖          80g 
(卵白用 40g 卵黄用 30g)
  米油          50cc
  牛乳          90cc
  ファリーヌ(薄力粉)  70g
  煎茶パウダー      30g
  栗の甘露煮        7個
  栗の渋皮煮        3個
  

 *オーブンを170度で予熱しておく。
 *栗はレーズン位にきざんで薄力粉をまぶしておく。
 *薄力粉と煎茶パウダーは合わせてふるっておく。

<作り方>
 ①卵白に砂糖を三回に分けて加え、しっかりしたメレンゲを作る。
 ②卵黄に砂糖を入れもったりするまで混ぜ、米油、牛乳を
  加えてそのつどよく混ぜる。
 ③ふるった薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜて
  きざんだ栗もいれて軽く混ぜる。
 ④メレンゲを三回に分けて卵黄生地に混ぜる。この時メレンゲの泡を
  壊さないように混ぜる。
 ⑤シフォン型に生地を入れ170度で30分位焼く。
 ⑥焼けたら型のまま逆さまにして完全に冷ます。

 米油でなくても植物油ならOKです。
 栗入り煎茶シフォンケーキ

 濃茶のようなシフォンに栗の甘さがアクセントです。
 お砂糖は好みで増やしてください。
 栗の甘露煮が7個余っていたのでこんなアンバランスですが
 甘露煮、渋皮煮だけでもおいしいです。


神戸マラソンの今日は暖かくて過ごしやすい日曜日でした。
いいお天気だったので分厚いものも気持ちよく乾きました。

初めて作るものはどんな味になるかちょっとどきどき。
ドライあんずの味もさまざまなのですが
今回は甘酸っぱい感じがほのかに感じられるあんずでした。


【あんずバニラのシフォンケーキ】

あんずバニラシフォンケーキ

<材料> 17cm型1個分
  卵白           5個
  卵黄           4個
  砂糖          80g 
(卵白用 40g 卵黄用 30g)
  米油          40cc
  牛乳          45cc
  ファリーヌ(薄力粉) 100g
  ドライあんず      65g
  バニラビーンズ      1本


 *オーブンを170度で予熱しておく。
 *ドライあんずはレーズンより小さい位にきざんで薄力粉をまぶしておく。
 *バニラビーンズは縦半分に割りナイフの背で種をしごき出す。
 *薄力粉をふるっておく。

<作り方>
 ①卵白に砂糖を三回に分けて加え、しっかりしたメレンゲを作る。
 ②卵黄に砂糖を入れもったりするまで混ぜ、バニラビーンズ、米油、牛乳
  ドライあんずの順に加えてそのつどよく混ぜる。
 ③ふるった薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
 ④メレンゲを三回に分けて卵黄生地に混ぜる。この時メレンゲの泡を
  壊さないように混ぜる。
 ⑤シフォン型に生地を入れ170度で30分位焼く。
 ⑥焼けたら型のまま逆さまにして完全に冷ます。

 米油でなくても植物油ならOKです。
 
 

今年も親和のOG達は頑張っています。
20131114-0

バザーに手作り石鹸を置かせてもらうので
昨日の搬入の時にバザーコーナーだけを撮らせてもらいました。

シュガーパイン亭の手作り石鹸
20131114-1

アクセサリーや小物たちがたくさん。
20131114-2

20131114-3

20131114-5

20131114-6

テディーベアもいました。
20131114-4


展示物の方まだ準備中でした。

今日から本番。


2013年11月14日~19日 10時~20時
場所:さんちかホール  主催:和ONの会
20131114-0

三宮に出かけることがあったらのぞいてみてくださいね。


立冬を過ぎて冷え込む季節ももうすぐだなと
思っていたらいきなり冬型の気圧配置になりました。
先週ヒートテックを購入して正解でした。

これからますます肌の乾燥が気になる季節です。
前回作ったのが残り少なくなってきたので
アボカドバターとアボカドオイル入りの
使い心地の優しい石鹸を作りました。
アボカドバターやアボカドオイルは
低刺激なので、ベビーソープや敏感肌用にもよく使われています。

そして今回はスイートアーモンドオイルに変えて
保湿効果と細胞再生を助ける効果、抗酸化作用
併せ持つマカデミアナッツオイルを使いました。

オプションにはアボカドのイメージなので
グリーンのネトルパウダーを使いました。
ネトルパウダーはヒスタミン、セロトニン、コリン、ミネラル
クロロフィル、アミノ酸、レシチン、カロチノイド、フロボノイド
ビタミン、タンニンなどを含み肌が荒れてきたな…というときに
お薦めのパウダーです。


≪アボカド石鹸≫
アボカド石鹸m

【原材料】米油、アボカドバター
      アボカドオイル
      マカデミアナッツオイル
      ココナッツオイル、パームオイル
      キャスターオイル
【SF】 ホホバ
【OP】 ネトルパウダー
【EO】 ローズマリー
     ゼラニウムブルボン
     スイートオレンジ

今回も丸い石鹸でグリーン一色にしました。


極端な今年の天候そのままに突然冬型の気圧配置になって
あわててコートを探した十六夜です。
今日の京都は時雨模様で冷え込んでいました。

建仁寺をのぞいてみました。
20131112-2

紅葉はまだまだ。
20131112-1

東大谷の銀杏。
20131112-3

円山公園
桜樹の紅葉
20131112-4

もみじは所々紅葉していました。
20131112-6

20131112-5



寒くなると少しだけ列が短くなる都路里で
抹茶のパフェを食べながら休憩。
20131112-7


やはり下旬にもう一度観に行こう。
急に寒くなったから今年の紅葉はきれいな予感…。


洋ナシのキョラメリゼ1

ラ・フランスなどの洋ナシを買ったものの
食べようと剥いたらあんまり美味しくなかった…と
いうことはありませんか?
こんな時は「キャラメリゼ」してみてください。
熱したフライパンにバター大さじ1を溶かす。
これに切った洋ナシを入れてバターを絡ませ
キビ砂糖大さじ1をいれて火を軽く通す。
最後にブランデーを入れてアルコール分を飛ばせば
出来上がり。
ブランデーは無かったら省いても大丈夫。
洋ナシのキョラメリゼ3

バニラアイスクリームと一緒にしたら
ちょっとおしゃれな一皿の出来上がり。

今回ラ・フランスではない洋ナシ(名前は忘れた)が
安かったので試しに買ってみたら生食には向かない感じ。
キャラメリゼして大正解。
洋ナシのキョラメリゼ2

火を通すと美味しくなるタイプの洋ナシだったようです。


今日は二十四節気の一つ「立冬」です。
陽の光も弱々しくなり、日差しが短くなってくる。
冬の気配が立ち始め、陽だまりが恋しくなる季節。
と暦の本にあるように陽の落ちるのが早くなりました。
五日は乙亥で「炉開き」でした。
そしてお茶菓子が亥の子餅だったと思います。
茶道のお稽古に通っていたときは「風呂」から「炉」に
変わるので冬だなぁと思ったものでした。
そろそろ木々が色づき始めています。
「山装う」とはよく言ったもので秋は山からやってきます。
寒い季節の好きな人は少ないのかもしれませんが
空気のキンと冷えた場所で観る紅葉が好きです。
私の大好きな「霜月」今年はどこへ観に行こう…。




三連休の最終日です。
午後にひと雨降って寒くなりました。
冷えてきたなと思っていたら
毎年この辺りを回ってくれる灯油を売る車が来ていました。
そろそろストーブの準備をしなさいってことかしら?


【蓮根の肉詰め】
蓮根の肉詰め

<材料>
蓮根     大一節
豚挽き肉   150g
<作り方>
① 蓮根は皮をよく洗って水気をふいて半分に切る。ボウルに挽き肉を
  いれて、蓮根の切り口を押し付けるようにして上の穴から肉が出てくるまで
  詰める。
② ①の蓮根を1cmの厚さに切る。
③ フライパンに油を多い目に熱してこんがり焼く。
④ 油をきって器に盛る。

挽き肉にも下味はつけていないので出来立てを辛子醤油でどうぞ。
材料が二つなので簡単です。



晴れることの多い11月3日ですが、生憎の雨です。
連休の中日ですのにね。
教会では「聖徒の日」で納骨堂の前で礼拝なのですが
小雨だったのでぎりぎり執り行われました。

■■■

石鹸の講座で作った石鹸です。
日本人には米アレルギーの人がほとんどいないらしいので
米油を主体にしてオプションに米発酵エキス
米糠エキスをプラスした石鹸です。
香りは無しで…ということだったので精油は持ち込みました。
トレースが早く出ると先生が言っていらしたので
ラベンダーだけにしました。



≪やっぱり米でしょ石鹸≫
米石鹸1

【原材料】米油、オリーブオイル
      ココナッツオイル、パームオイル
      ラード
【SF】 ホホバ
【OP】 米発酵エキス、米糠エキス、米粉
【EO】 ラベンダー

米石鹸2

熟成中なのでラベンダーの香りが部屋に漂っています。



今日から霜月。
年賀状発売日と聞くと少しあせる十六夜です。
紅葉もまだなのでそんなに年末をアピールしなくてもいいのにね。

■ ■ ■

「水曜どうでしょう」最新作の放送も明日からですが
(深夜1時19分~なので正確には3日かな)
10月30日発売の第20弾のDVDと専用ケースを
ローソン屋敷に受取りに行ってきました。

原付西日本です。
水曜どうでしょうDVD20-5

個人的にはよく知っている道路を走っているので
この企画は好きです。

↓おまけがこれ
水曜どうでしょうDVD20-6

うーんこのストラップはどうだろう…(笑)

↓専用ケースです。
水曜どうでしょうDVD20-1

水曜どうでしょうDVD20-3 水曜どうでしょうDVD20-2

専用ケースは中が凝ってます。
水曜どうでしょうDVD20-4

覗きこまないと見えないのに5枚のDVDの場面が
描かれています。
DVDを納めてしまうと全く見えないので
前回までのも描かれていたのをすっかり忘れていました。


三連休にゆっくり見ようっと。

新作も楽しみ楽しみ~!!