FC2ブログ

ゴートミルクPA石鹸1

ゴートミルクをたっぷり使った石鹸をもう一種類。
オイルの配合と香りを変えて作りました。
解禁日にはゴートミルクM石鹸と
使い心地を比べてみるのが楽しみです。


≪ゴートミルクPA石鹸≫
ゴートミルクPA石鹸

【原材料】オリーブオイル、米油
      ココナッツオイル、パームオイル
      ココアバター、スイートアーモンドオイル
      ピーチカーネルオイル
      キャスターオイル
【SF】 ゴールデンホホバ
【OP】 ゴートミルク
【EO】 ラベンダー
     ゼラニウムブルボン
     フランジュパニ

ピーチカーネルオイルは比較的軽いさらっとしたオイルで
ビタミンEが含まれています。
ゆっくりと皮膚へ浸透していくオイルなので
軽いオイルなのに保湿力があります。  
かゆみを抑えてくれるので、炎症を起こした肌
日焼けなどで弱った肌、敏感肌、乾燥肌にもおすすめ。
とても刺激の少ないオイルとしても有名です。

以上は購入したお店の説明です。


ゴートミルクM石鹸1

ゴートミルクをたっぷり使って作りました。
色もミルク色というか練乳のような色になりました。
解禁日にはどんな感じになるか楽しみです。


≪ゴートミルクM石鹸≫
ゴートミルクM石鹸

【原材料】オリーブオイル、米油
      ココナッツオイル、パームオイル
      シアバター、マカダミアナッツオイル
      キャスターオイル
【SF】 ゴールデンホホバ
【OP】 ゴートミルク
【EO】 ラベンダー
     ローズウッド


ゴートミルク(山羊ミルク)には保湿抗菌効果があり
昔から、お肌に良いことは知られており
クレオパトラもゴートミルクのお風呂に入っていたとのこと。
ラクトース(乳糖)、脂肪分、タンパク質、鉱物塩
ビタミン、オリゴエレメントなど有効成分で構成され
カルシウム、リン、ナトリウムも豊富で
特に注目すべ点は短鎖脂肪酸トリグリセリドと呼ばれるカプリン酸
カプロン酸などの脂肪酸が豊富に含まれていること。
この脂肪酸が、肌のPHバランスを整え
保湿、抗菌効果も期待できるのです。
ゴートミルクの石鹸というとパウダーを
使用することが多いのですが
山羊ミルクの生乳を分けてもらうことが出来て
この石鹸を作ることかできました。


一月もあとすこし。
紅梅の蕾もようやく色づいてきました。
こうして少しずつ季節が動いていきます。
20140128


梅の花が開くといい香りが漂います。
それまでもう少し見守ります。

土曜日は久しぶりに暖かい一日でした。
この日はヒルトンプラザイーストの
聘珍樓で新年会がありました。

年配の方が多いので中華ですが軽い目のお料理でした。
お料理は一人ずつ取り分けてから
出してくれるのですが残念ながら冷めていました。



旬の食材入り前菜の盛り合わせ
20140125-1

クコの実と大根入りフカヒレスープ
20140125-2

海老とホタテ貝、季節野菜の炒め
20140125-3

鮮魚と春雨の香り蒸し
20140125-4

白菜と青梗菜の干し貝柱あんかけ
20140125-5

広東式柔らか伊府麺の煮込み
20140125-6

マンゴーと杏仁の二色豆腐
20140125-7


この機会にしか会えない方もいらっしゃるので
お話に花が咲く楽しいひと時でした。



コーンとチーズのマフィン2

休日のブランチにぴったりの塩味のマフィンです。
もちろんおやつにも。
スイートコーンの時期なら茹でて入れたらもっと美味しいはず。

今の時期は手軽に缶詰のコーンで。

【コーンとチーズのマフィン】
コーンとチーズのマフィン3

<材料> 
  ファリーヌ      110g
  アーモンドプードル   20g
  オリーブオイル     60g
  プレーンヨーグルト   45g
  卵            2個
  牛乳          35g
  はちみつ         5g
  ベーキングパウダー    3g
  顆粒ブイヨン       2g
  ピザ用チーズ      35gと上に乗せる分 適宜
  黒胡椒         適宜
  缶詰のホールコーン   適宜

 *オーブンを170度で予熱しておく。
 *ファリーヌ、ベーキングパウダー、アーモンドプードルを
  合わせてふるっておく。
 *缶詰のホールコーンは使う分の汁気をきっておく。
 

<作り方>
 ①オリーブオイル、プレーンヨーグルト、はちみつをボウルに入れて
  ホイッパーで混ぜ合わせる。
 ②卵を一個ずつ入れて、そのつど滑らかになるまで混ぜ合わせる。
 ③顆粒ブイヨンを入れて混ぜ、ミルで引いた黒胡椒を入れて混ぜる。
 ④粉類と牛乳を交互に二回に分けて混ぜ合わせる。
 ⑤コーンとチーズを入れて混ぜ合わせる
 ⑥型の8分目位生地を入れて上にチーズをのせる。
 コーンとチーズのマフィン1

 ⑦余熱しておいたオーブンで約17分焼く。
コーンとチーズのマフィン3

 8Fのグラシン使用で10個できました。
生地に入れるチーズと上に乗せるチーズの種類を変えてもOK。

 

寒い冬は粕汁で温まるっていうのもいいものです。
で…粕汁ではなく、酒粕を使った石鹸の紹介です。

酒粕石鹸1
型から出したところですが柔らかくてびっくりしました。

酒粕にはアルブチンが含まれているので
シミ、そばかすを薄くする効果があるようです。
また美白効果だけでなく、保湿効果も期待できます。
酒粕の成分を調べてみると、タンパク質、繊維質を含む炭水化物
ビタミン類、カルシウム、リン、鉄、ナトリウム
カリウム等の無機質、更にマグネシウム、亜鉛
銅など、他にも数え切れない程様々なものが含まれており
加えて酵母からの核酸類も含んでいました。
これらの成分の中に保湿・保温の効果をもっているものがあるわけです。
こんなに肌にいいなら石鹸に使ってみたいです。
酒粕の量によって洗い心地が違います。
この石鹸も酒粕の分量を変えてまた作ってみたいです。


≪酒粕石鹸≫
酒粕石鹸

【原材料】オリーブオイル、米油
      ココナッツオイル、パームオイル
      パーム核オイル、ラード
【SF】 ゴールデンホホバ
【OP】 酒粕
【EO】 サイプレス、パルマローザ
     ローズウッド

 酒粕の粒が残っているのが解禁時にどうなっているかしら。

一月二十日は二十四節気の一つ「大寒」です。
寒さが最も厳しく寒風が肌をさす季節。
降雪や氷の層も厚くなる。
かすかに春の足音も聞こえ始める。
日がしだいに長くなり春の兆しが見えてくる。
そんな時期です。

千両の実


今朝は池が薄い氷で覆われていました。
寒い朝はストーブの赤い火で気持ちがほっとします。
やかんをのせているので水蒸気が上がっているのもいい感じ。
乾燥した部屋は風邪を引きやすいそうなので
いつもお湯が沸いているので一石二鳥です。



バナナケーキ1

バナナがいい感じに熟れていて
ちょうど2本残っていたので
久しぶりにバナナケーキを作りました。
もちろんフードプロセッサーで簡単に。


【バナナケーキ】
バナナケーキ2

<材料> 
  ファリーヌ      150g
  発酵バター       90g
  砂糖          90g
  全卵           3個
  牛乳          50ml
  ベーキングパウダー    小さじ1+1/2
  バナナ          2本

 *オーブンを180度で予熱しておく。
 *ファリーヌ、ベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
 *バナナの皮をむき5mm位に切る


<作り方>
 ①バターと砂糖をフードプロセッサーで滑らかになるまで混ぜる。
 ②卵を一個ずつ入れて、そのつど滑らかになるまで混ぜる。
   牛乳を入れて混ぜる。
 ③合わせてふるっておいた粉類を三回に分けて入れてそのつど混ぜる。
 ④型の半分生地を入れてバナナを入れて生地をいれて
   最後に飾りのバナナをのせる。
 ⑤余熱しておいたオーブンで約20分焼く。
バナナケーキ3

 順にフードプロセッサーに入れて混ぜるだけです。
 8Fのグラシン使用で12個できました。
 カップ型で焼くとプレゼントに便利です。


うーん、ちょっと残念な焼き上がりになってしまいました。
ふわふわなんですけれどカットすると崩れます。
はちみつシフォンケーキ2

卵黄が多いので焦げないように
焼成時間を短めにしたのですが
やっぱりいつもどおりの時間が必要でしたね。
まだまだ改良しないといけないです。
でもせっかく作ったから次回のために
心覚えに書いときます。



【はちみつシフォンケーキ】

はちみつシフォンケーキ1
<材料> 17cm型1個分
  卵白           4個
  卵黄           6個
  砂糖          50g 
(卵白用 40g 卵黄用 10g)
  米油          40cc
  牛乳          15c
  ファリーヌ(薄力粉)  50g
  はちみつ        70g
    

 *オーブンを180度で予熱しておく。
 *薄力粉ふるっておく。

<作り方>
 ①卵白に砂糖を三回に分けて加え、しっかりしたメレンゲを作る。
 ②卵黄に砂糖を入れもったりするまで混ぜ、はちみつ、牛乳、米油を加えてよく混ぜる。
 ③ふるった薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
 ④メレンゲを三回に分けて卵黄生地に混ぜる。この時メレンゲの泡を
  壊さないように混ぜる。
 ⑥シフォン型に生地を入れ、ザラメを散らして180度で30分位焼く。
 ⑦焼けたら型のまま逆さまにして完全に冷ます。

今回は180度で24分焼いたのですが
足りなさそうだったのですぐに追加で6分焼きました。
味はカステラのような感じです。

阪神大震災から19年。
この日だけはテレビも取り上げる。
思い出したくないことも
憶えておかなければならないこともある。

でも当時避難所だった小学校の生徒たちには
もう歴史上のことなのかもしれない。
だからこそ毎年この日には校庭に全校生徒が集まって
阪神大震災の事を話しているのだろうなと思う。
19年はあっという間に過ぎた気がするけれど
あの時の赤ちゃんたちが大人になるくらいの時間なのだ。

一月の16日の夜半から17日早朝がいまもなんとなく嫌いです。
平凡な毎日が激変したのだから。



一月十五日は「小正月」です。
正月中も忙しく働いた女性が一息つける頃なので
女正月ともいいます。
この日までが松の内。
松の内を過ぎれば松飾りや門松は外されます。
小正月20140115-3
↑ この神社にお参りしました。

神社では役目を終えた松飾りを
「とんど」で燃やします。
小正月20140115-4

小正月20140115-5

以前は成人の日で十五日が祝日だったので
必ず神社に参っていました。
今年は「とんど」に行けました。


そしてこの日は小豆粥を食べる習わしです。
小正月20140115-1

小豆には腎臓の働きを助ける作用があるので
むくみが気になるときには
塩少々で味付けした茹で小豆を食べるとよいと
言われています。
鏡開きの時に炊いた小豆で「小豆粥」を作りました。

小正月20140115-2

これでお正月行事も終了です。

栗きんとんが余ってしまったので
マフィンに変身させました。
サツマイモを中途半端に残すよりは
全部ペーストにした方が後で使いやすいので
必要な分だけ栗きんとんを作ったら
あとはラップに包んで冷蔵か冷凍しておきます。
それでも栗きんとんは余ったり
足りなかったりするのですけれどね。

【スイートポテトマフィン】

スイートポテトマフィン2

<材料> 紙のマフィン型8個分
  栗きんとん      250g
   (栗を除いたサツマイモペースト部分)
  ファリーヌ       60g
  アーモンドプードル   20g
  発酵バター       60g
  砂糖          20g
  全卵           2個
  牛乳          30g
  ベーキングパウダー    3g
  ダークラム        5cc
  栗の甘露煮        4個

 *オーブンを180度で予熱しておく。
 *ファリーヌ、アーモンドプードル、ベーキングパウダーを合わせて
  ふるっておく。
スイートポテトマフィン1

<作り方>
 ①バターをフードプロセッサーで滑らかになるまで混ぜて
   砂糖をいれてまた滑らかになるまで混ぜる。
 ②卵を一個ずつ入れて、そのつど滑らかになるまで混ぜる。
   牛乳を入れて混ぜる。
 ③合わせてふるっておいた粉類を入れて混ぜる。
 ④型の半分生地を入れて栗を入れて生地をいれて最後に飾りの栗をのせる。
 ⑤余熱しておいたオーブンで約22分焼く。

 順にフードプロセッサーに入れて混ぜるだけなので簡単にできます。
 今回ダークラムを入れるのを忘れました。
 栗の甘露煮も栗きんとんに使ったものです。
 


一月十一日は鏡開きです。
鏡餅を木づちで割っていただきます。
最近ではパックの鏡餅が多いのでかちかちのお餅を
苦労して割るというようなこともなくなりました。


そして鏡開きといえば「おぜんざい」。
丹波大納言小豆を炊きます。

20140111-1

我が家には鍋をかけられるストーブがあるので
ほとんど放置したままで小豆が炊き上がります。
あ、もちろん茹でこぼしはしますよ。

炊いた小豆はお砂糖を入れる前に
15日の「小豆粥」のために少しだけ取り置きます。

20140111-3

きんとんを作った時の栗が余っていたので
栗ぜんざいにしました。
自分で作ると甘みを調節できるので
小豆の美味しさが活かせる甘さにしました。

20140111-2

おぜんざいでほっこり暖かくなりました。





天気予報が冷え込むとは言っていましたが
ベランダの水が凍っていました。
氷張る20140110

この冬初めてです。

窓ガラスの結露がすごいですし
ストーブを点けていてもあまり部屋が温まりません。
首と肩がすごく凝ると思ったら微熱が…
風邪を引いちゃったかなー。
3連休なのになー。


えべっさんこと十日えびすは
九日は宵戎、十日は本夷、十一日は残り福と
三日間のお祭りです。
大阪の今宮戎がよくテレビで中継されますが
わたしがいつもお参りに行くのは「西宮神社」です。
えべっさん@2014-1

最近では十日の朝の「福男」選びで有名ですね。
境内は出店がいっぱいです。
えべっさん@2014-2


宵戎の今日は比較的ゆっくりお参りできました。
えべっさん@2014-3

えべっさん@2014-4

恵比寿様、今年も商売繁盛をよろしくお願いします。




昆布のだしがらがまだありますので
もう一つ御飯のおともにぴったりのものを。
普段はそんなにだしがらは貯まりませんが
冷凍保存しておいてまとまったら炊いています。

【おこぶのたいたん】
おこぶのたいたん2

①だしがらの昆布は細切りにする。
②①と酒100cc+水100cc、みりん50ccを鍋に入れてしばらく炊く。
③醤油15ccを加えて昆布が柔らかくなり
煮汁がなくなるまで中火で煮る。

おこぶのたいたん1

冬はストーブの上で炊いています。



春の七草は

七草20140107
せり、なずな、ごぎょう(ははこぐさ)
はこべら(はこべ)、ほとけのざ(こおにたびらこ)
すずな(蕪)、すずしろ(大根)。

五節句のひとつで一月七日は「人日(じんじつ)の節句」
七草の節句とも言います。
人日というのは、陰陽道からきたもので
「正月七日に人を占う」とあり、占いはじめということですが
時代とともに占いより七草粥を食べる日というようになっています。
七草粥を作るときは「七草なずな、唐土の鳥が日本の土地へ
渡らぬ先に」と歌いながら七草をきざむ習慣がありました。
今年も健康でありますようにと願って七草粥をいただきます。

七草粥20140107

本当は朝食として食べるものなのでしょうけれど
平日なので夕食に七草粥です。


そしてこれはたねやさんの「七草餅」です。
七草餅1

一月七日の人日の節供のみに販売されるのだそうです。
いただきものです。
七草餅2

以下は七草餅と一緒に入っていた説明文です。

一月の人日の節供は、厄除けと無病息災を願う新年のおこない。
この日いただく七草粥には、まだ雪の残る野に
芽吹いた若菜を用いたといいます。
若菜の力強さにあやかるように
人々が野辺で摘みとる早々はやがて春の七草と
呼ばれるようになりました。
人日の節供に欠かせない七草を道明寺に刻み入れ
薄紅に染めた白餡をつつみました。
ふくよかな表棚のかたちも縁起よく
六つそろえて無病への願いもかけています。
ひととせ健やかでありますように。



20140105-1

小寒とは寒さが極まるやや手前の頃のこと。
寒の入りを迎え、立春になる寒の明けまでの
約一か月が寒の内です。
一年で最も寒いこの時期を「寒」といいます。
小寒から始まるので寒の入り。
寒く冷え切っていますが夜半に見上げる空は
星が輝いて見惚れてしまいます。

■■■


20140105-3
おせち料理を作るとだしがらがたくさんできます。
干し椎茸も炒めなますに使うので一袋もどしてありました。
昆布はまだまだうまみが残っていますし
干し椎茸も傘は使いますが軸の部分が残っています。
もったいないので椎茸昆布を炊きました。


【椎茸昆布】

20140105-2

だしがらの昆布は食べやすい大きさに切る。
戻した干し椎茸は傘と軸に分けて、軸の石づきを除く。
戻し汁は取っておく。
昆布+椎茸と干し椎茸の戻し汁、水180cc
酢小さじ1を中火にかける。
沸騰したらアクを取って弱火で15分位煮る。
砂糖大さじ1、みりん大さじ2を加えて15分位煮る。
醤油50ccを加えて、煮汁がほとんどなくなるまで弱火で煮る。


だしがらの昆布は、はがき大2枚で作りました。

三が日も終わって正月気分もひと段落。
空になった重箱を片付けたところです。

少しさかのぼって元日の事を…
元日の朝は白味噌のお雑煮です。
焼かない丸餅が入っています。
20140101-03


今年のおせち料理こんな感じになりました。
かまぼこ以外は作ったものです。
20140101-07
・かまぼこ
・炒めなます
・梅の甘露煮
・ミニトマトのハニーマリネ

20140101-08
・栗きんとん
・伊達巻
・酢蓮根
・たたきごぼう

20140101-06
・煮しめ
 金時人参
 子芋
 ごぼう
 蓮根
 結びこんにゃく
 慈姑

・黒豆 
20140101-10

炒めなますと黒豆が子供たちにも人気がありました。
美味しいと言ってもらえると作り甲斐があります。
20140101-01



ここからは弟一家作です。
うちのお重に入っていないものだけを撮らせてもらいました。

20140101-12
・田作り

20140101-09
・サラダ

20140101-01
・牛肉のごぼう巻
・のし鶏
・挽き肉の和風ミートローフ

そしてこれはお寿司大好きの甥用
20140101-11


お正月の和菓子
20140101-04
20140101-05

・ふきのとう
・紅梅

この正月も弟一家とともにおせち料理を囲みました。
久しぶりに深夜までトランプで盛り上がりました。
楽しい元日でした。



20140101-1 20140101-3


あけましておめでとうございます。

今年もよろしく願いいたします。
20140101-2