FC2ブログ

いただいた赤紫蘇ドリンク。
甘い飲み物は苦手なのでゼリーにしました。
2010830-1

この赤紫蘇ドリンクを3倍の水で希釈して
飲んでくださいと書いてあったのですが
ゼリーだと薄く感じると思うので
少しだけ濃いめにジュースを作って
ゼラチンで固めました。

20140830-2
ミントと冷凍のブルーベリーを飾って。

赤紫蘇ドリンクは疲労回復に良いということです。
粉ゼラチン5g=コラーゲン4600mgなので
夏の疲れに一石二鳥です。

20140829-4

この二日間クーラー無しで過ごせています。
このまま秋になって欲しいなぁと思うのですが
たぶんもう一度暑くなるのでしょうね。

20140829-1

無花果が店に並び始めると
これが食べたくなります。

<無花果と生ハムのアンティパスト>
20140829-2

無花果を洗って皮を取って半分か4つに切る。
生ハムを無花果に乗せて皿に盛る。

20140829-3

料理といえないくらい簡単です。
冷たいワインやスプマンテと。


毎日鬱陶しいお天気です。
晴れていないわけではないのですが急に曇ったり
雨が降ったりするので傘が手放せません。
そして久しぶりにぐらっときました。
早朝3時40分頃、地震で目が覚めました。
ついついテレビで震源地と震度を確認してしまいます。
この辺りは震度1でしたがしばらく寝付けませんでした。


■■■

ソイバター米石鹸1

日曜日に久しぶりに作った石鹸です。
石鹸を熟成させるときには湿度は低い方がいいのですが
白い石鹸が少なくなってきたので
米油をメインにした石鹸を仕込みました。

≪ソイバター米石鹸≫
ソイバター米石鹸

【原材料】ソイバター
      米油
      マカデミアナッツオイル
      ココナッツオイル
      パームオイル
      キャスターオイル
【SF】 ホホバ
【OP】 米発酵エキス
     米糠エキス
     トレハロース
【EO】 サイプレス
     イランイラン
     ラベンダー
     
この石鹸を使うのは本格的な秋になってからなので
夏の紫外線で傷んだ肌を労わるように
マカデミアナッツオイルと
米発酵エキス、米糠エキスをいれています。
香りは久しぶりにイランイランを使いました。

20140823-1

今日、23日は二十四節気の「処暑」です。
暑さがすこしやわらぐころのこと。
朝の風や夜の虫の声に秋の気配が漂いだします。
暦の上ではこの頃から初秋です。

20140823-2

「秋といへば空すむ月を契りおきて光まちとる萩の下露」
                 藤原定家


初めてみた野菜です。
バターナッツ1

ただバターナッツと書いてあって
この形なのでなんだかわかりませんでした。

バターナッツかぼちゃについてちょっと調べてみました。
バターナッツは南アメリカ大陸が原産とされるもので
アメリカではポピュラーなカボチャのひとつです。
海外から入ってきた品種ではありますが
西洋カボチャの仲間ではなく
植物分類上は日本カボチャと同じ仲間になるそうです。
果皮は黄褐色から肌色でツヤがありつるつるしています。
形は縦長のヒョウタン形で
下の膨らんだ部分に種が入っています。
大きさは500g程から1kgほどでそれほど大きくはなりません。
バターナッツは固定種なので
食べた後取り出した種を翌年蒔くと
ちゃんとバターナッツが収穫できます。
栽培自体は比較的簡単なので、
チャレンジしてみてはいかがでしょう。
バターナッツは上の部分には種がなく
食べられる部分が多いというメリットがあります。
ただ、下の膨らんだ種の周りの果肉に比べると
上の部分は少し水っぽく感じます。
バターナッツという名前の由来になっているとおり
このカボチャの特徴はナッツのような風味と
ねっとりとした果肉にあります。
繊維質が少なく、ポタージュにするととても滑らかに仕上がります。

バターナッツの調理については
なんといってもポタージュに向いています。
そのほかにも、ソテーやフライにしても美味しいです。
そういう意味では和食より洋食向きかもしれませんね。
とのことです。
どうもポタージュスープにするのが一番人気のようです。
でも真夏だし冷製ポタージュにしようかな。

バターナッツ2

半分に切ったところです。

バターナッツ3

オレンジ色の果肉です。

【バターナッツの冷製ポタージュ】
バターナッツ5

<材料>
バターナッツかぼちゃ      300g
玉ねぎ             半個
茅の舎野菜だし         一袋
牛乳              100g
<作り方>
①バターナッツかぼちゃを5mm位に切る。玉ねぎは薄切りにする。
②①と水250ccと野菜だしを鍋に入れて煮込む。
③柔らかくなったらパーミックスで滑らかになるまで撹拌する。
④冷えたら牛乳を加えて塩で味を調えて出来上がり。

バターナッツ4

夏は冷製スープの口当たりがうれしいです。


16日は盆の送り火。
相変わらずの天気で湿度が高いです。

二週間のイギリス短期留学から
姪が帰ってきました。
滞在中はオックスフォードの女子学生が
お世話してくださって楽しい毎日で
帰りたくなかったぁと話してくれました。
ただ食事だけは残念だったそうです。
イギリスは涼しいのを通り越して少し肌寒かったので
帰ってきたら暑くて湿度が高いので
体調が狂いそう…と言ってました。

20140816-1

20140816-2

姪っ子のお土産です。

いつもありがとう。
話を聞いていたら私も旅に出たくなっちゃいました。


蒸し暑いのは相変わらずですが
この一週間は雨模様との天気予報です。

20140815

昨日、朝は雨が降っていたのですが止みそうだったので
昼からお墓参りに行きました。
曇り空ならよかったのですがあまりにかんかん照り。
到着したのが二時前だったのでなおさらです。
雨が多かったせいかいつもより雑草もすごかったので
夕方に出直すことにしました。
弟一家と一緒に一時間位お墓のお掃除をして
お参りをしたら全員汗だく…。
無事に掃除とお墓参りができました。
簡単に出直せるほど家から近いところに
お墓を作ってくれた祖父に感謝しています。
真夏のお墓参りは体力がいりますからね(笑)

お墓参りは行かれましたか。
気温もですが湿度の高いときも
熱中症に気を付けてくださいね。


20140812-3

プリンを作ったら卵白が余ってしまったので
夏にどうかと思ったのですがフィナンシェを焼きました。
せめて爽やかなフレーバーにしようと
レモン果汁とレモンピール入り。
オーブンを使ったのでキッチンが暑い!!


【レモンフィナンシェ】
20140812-2

<材料>
卵白           135g
ファリーヌ(薄力粉)   65g
アーモンドパウダー    75g
きび砂糖         80g 
蜂蜜           30g
発酵バター       110g
塩          ひとつまみ
レモン果汁       大さじ1
レモンピール       適宜
ジンジャーパウダー   小さじ1/4

*オーブンは200度で予熱しておく。
*薄力粉とアーモンドパウダーとジンジャーパウダーをふるっておく

<作り方>
①焦がしバターを作る。鍋にバターをいれて中火にかける。
 濃い茶色にする。それをコーヒーフィルターなどで濾しておく。
②ボウルに卵白、砂糖を入れてホイッパーで泡立てないように混ぜ合わせる。
③②に蜂蜜、塩、レモン果汁を入れて混ぜ合わせる。
④ふるった粉類を入れて、ホイッパーで静かに混ぜていく。
⑤④に濾した焦がしバターを少しずつ入れて混ぜ合わせる。
⑥レモンピールを加えてゴムべらでさっくり混ぜる。
⑦生地を出来れば3時間位冷蔵庫でねかせる。
⑧型に入れて、予熱したオーブンで10~12分焼く。

丸い型を使ったらたこ焼きみたいになっちゃった(笑)

アイスティーやアイスコーヒーと
一緒だったら夏の焼き菓子もOKかな。
20140812-1
かすかに見える?のがレモンピールです。

台風後の澄みきった空に
満月が顔を出しました。

20140811

このカメラではこれが限界ですが
綺麗な満月でした。

夕方、つくつく法師が鳴いていました。
この蝉の声を聞くと涼しいような気がするから不思議です。


満月が通常より大きく見える「スーパームーン」。
11日午前2時43分に地球から35万7000キロまで
近づいた月が3時9分に満月になる。

スーパームーン
(画像は国立天文台のサイトからお借りしました)

今年もっとも小さく見えた満月より14%位大きく
通常より30%程明るく見えるという。

台風が過ぎて西の空が少し明るくなってきました。
夜中に晴れたらスーパームーンが見られるかもしれません。
今年一番大きな満月が見られるといいのですけれど。
これもまた空の機嫌次第。


凄い風です。
ときおり家が揺れています。
移動するのを忘れていた梅の鉢が倒れました。
どーーーんという音が響いています。
雨も強くて家が高圧洗浄機で洗われている感じです。

20140810

画像ではわかりにくいですが
鉢植えの葉が飛びそう。
嵐の日曜日です。
甲子園の開会式も月曜日に延期になりました。

台風進路方向の方は思った以上にすごい風なので
気を付けてくださいね。

20140807-1

8月7日は二十四節気の「立秋」。
初めて秋の気配がほの見える頃のこと。
暑い盛りの頃ではありますが
立秋以降は夏の名残ということで残暑といいます。
立秋の初侯に
「涼風至る(涼しい風が初めて立つ頃)」とあるのですが
台風の影響もあって湿気を含んで暑いです。

20140807-3

この日から手紙や葉書の書き出しも
残暑見舞いになります。

20140807-2

昨夜、虫の声を聞きました。
目にはさやかに見えねども
少しずつ季節は移っていっているのですね


魅惑の口どけとあったので
思わず購入しました。

20140806-2

お値段も二本で¥98!!

20140806-1

<茄子とピーマンの醤油麹炒め>
20140806-4

5mm位に切った茄子とピーマンを炒めて
しんなりしたら皿にあける。
豚肉を炒め、火が通ったら茄子とピーマンを
鍋に戻し、コリンキーのスライスを入れて炒める。
最後に醤油麹大さじ1に味醂+お酒を加えて
のばしたもので味をつけて出来上がり。

20140806-3

甘味噌炒めのような感じです。
茄子はどんな調理でも美味しくなるので
この時期は特に出番の多い野菜です。


またまた三色の石鹸です。
オランダ国旗の配色です。

オランダ国旗の石鹸1

赤、白、青の三色ですが
赤はハイビスカスパウダーとローズクレイで
赤っぽい色になるはず。

白は米油を多くすれば大丈夫…のはず。

青、これはクレイにもパウダーにもなさそうなので
ウルトラマリンブルーを使って色を出しました。

青と白はいいのですが
赤が思ったより落ち着いた色になってしまいました。

オランダ国旗の石鹸


香りはラベンダーとローズゼラニウムにしました。

三色作ると時間も三倍かかるのですが
綺麗な石鹸が出来るので気に入っています。


20140802-2
(サイトからお借りしました)

昨夜(8月2日)神戸の花火を観に行ってきました。
昼から雨が降ったりやんだりで
中止になるかもしれないと思いつつ
とりあえず出かけました。

駅の改札に中止の文字が…
よくよく見たら甲子園の野球が中止になっておりました(笑)


湿度は高かったけれどときおり涼しい風が
吹いてきて去年よりは涼しかった気がします。
夏の苦手な私ですが花火だけは別。
どんなに暑くても少々雨が降っていても
観に出かけます。

20140802-1
(サイトからお借りしました)
雨上がりは空気が澄んでいたのか
鮮やかな花火を堪能しました。

今日から8月。
暦の本にもむわっとして熱気がまとわりつく蒸し暑い頃と
ありますが昼には出かけたくないような気温です。

「八朔」
朔日(さくじつ)とは一日のことですが
旧暦の八月一日を八朔といって
そのころとれはじめる早稲の穂を
お世話になっている人に贈る習慣がありました。


20140801-1

花街では芸妓さんや舞子さんは
新暦の八月一日(今日ですね)になると
芸事のお師匠さんやお茶屋さんに
「おたのもうします」「おきばりやす」と
挨拶回りをする習わしです。
毎年、夕方のニュースや新聞でこの様子が
取り上げられます。

20140801-2

八月の蒸し暑い京の町を涼しげに歩いて挨拶にまわる
芸妓さん舞妓さんを尊敬しちゃいます。
(画像はサイトからお借りしました)