FC2ブログ

年越し、大はらい。

未年も駆け足で一年が過ぎていきました。
十月半ばから仕事が忙しい日々でした。

プライベートでは初めて石鹸講座を行いました。
つくづく思いましたね、まだまだ勉強不足だと。
教えることは自分の勉強にもなるのだと
よくわかりました。
今年も決して穏やかな年ではありませんでしたね。
日本も世界もそして個人的にも。
年末にいつも思うことではありますが
来る申年こそは穏やかな年であって欲しいと願います。

このブログに訪問下さりありがとうございました。
よい年をお迎えくださいませ。

12月30日は小晦日(こつごもり)です。
つごもりとは月が隠れる、月籠りのことです
太陰暦では毎月末は新月の頃で
つごもりにあたります。
二十九日の九は「苦」を連想するので
大掃除は二十八日までに済ませることとされていました。
そういえば母も注連縄は二十九日には
買いませんでした。

今年は28日が仕事納めでしたから
当然掃除は29日ですよ。
いやー残り三日間で掃除とお節料理を作るって
スケジュールがタイトすぎます。
明日から頑張って料理しなければ。


20151224

素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ

12月22日は二十四節気の「冬至」
一年で最も昼が短く、夜が長い日。

冬至に「ん」のつくものを食べると運気が上がると言います。
かぼちゃは南瓜とかいて「なんきん」とも読みます。
「冬至の日にかぼちゃを食べると風邪をひかない」と
言われています。

20151222

そして冬至と言えば柚子湯。
かつては一年の始まりだった冬至に
柚子の香りや薬効で体を清める禊の意味があったといいます。
柚子は初夏に白い花を咲かせ、秋に黄色い実がなります。
冬の鍋や焼き魚にもよく合います。
また柚子胡椒も調味料として活躍してくれます。
鍋の薬味で入れると体が温まりますしね。
今晩はゆっくり「柚子湯」に使って元気に
年末年始を乗り切りましょう。


国産の干しあんずがあったのでシフォンケーキに入れてみました。

20151221-1

【あんずバニラのシフォンケーキ】

20151221-2

<材料> 17cm型1個分
  卵白                5個
  卵黄                4個
  砂糖               70g 
(卵白用 40g 卵黄用 30g)
  牛乳               45cc
  米油               40cc
  ファリーヌ(薄力粉)      100g
  干しあんず            40g
  バニラビーンズ           1本

 *オーブンを170度で予熱しておく。
 *あんずは細かく切っておく。
 *バニラビーンズは縦半分に切り目をいれて中をかきだす
 *薄力粉をふるっておく。

<作り方>
 ①卵白に砂糖を三回に分けて加え、しっかりしたメレンゲを作る。
 ②卵黄に砂糖を入れもったりするまで泡立て、牛乳、米油
  バニラビーンズ、あんずを入れて混ぜる。
 ③ふるった薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
 ④メレンゲを三回に分けて卵黄生地に混ぜる。この時メレンゲの泡を
  壊さないように混ぜる。
 ⑤シフォン型に生地を入れ170度で30分位焼く。
 ⑥焼けたら型のまま逆さまにして完全に冷ます。

あんずの綺麗な色がよいアクセントになりました。


土曜日は風が強い一日でした。
仕事仲間のお家に石鹸作りを教えに行っていました。
これだけ気温が下がるとパームオイルも
ココナッツオイルも見事に固まっています。
湯煎で溶かすところからスタートです。
作ったのはたっぷりシアバターのカロテン石鹸。
オレンジ色の石鹸です。

20151219-3

画像は私の作った丸型ですがお二人のは四角い石鹸です。
作り方を教えたのは初めてだったのですが
二人ともとても熱心でした。
また精油も私自身はなかなか選ばない組み合わせを
されたのでこちらも勉強になりました。
Yさん、Mさん楽しい週末になりました。
ありがとうございました。
■■■
20151219-1
20151219-2

月曜に二人に渡そうとこれを焼きました。
ほろにがココアのクッキーです。


ネーブルオレンジが手に入ったので
果汁入りの爽やかなシフォンが出来ました。
柑橘系はお菓子に使っても香りが良くて
写真ではわかりにくいですが色も綺麗です。

【ネーブルオレンジシフォンケーキ】
20151214

<材料> 17cm型1個分
  卵白                5個
  卵黄                4個
  砂糖               80g 
     (卵白用 40g 卵黄用 30g)
  ネーブルオレンジ        1/2個
  オレンジキュラソー       大さじ 1
  米油              30cc
  ファリーヌ(薄力粉)      100g
  オレンジピール          40g
  
 *オーブンを170度で予熱しておく。
 *オレンジを絞りオレンジキュラソー大さじ1を足して55ccにする。
 *薄力粉をふるっておく。

<作り方>
 ①卵白に砂糖を三回に分けて加え、しっかりしたメレンゲを作る。
 ②卵黄に砂糖を入れもったりするまで混ぜ、米油
   オレンジ果汁+オレンジキュラソーを加えて混ぜる。
   オレンジピールも入れて混ぜる。
 ③ふるった薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
 ④メレンゲを三回に分けて卵黄生地に混ぜる。この時メレンゲの泡を
   壊さないように混ぜる。
 ⑤シフォン型に生地を入れ170度で30分位焼く。
 ⑥焼けたら型のまま逆さまにして完全に冷ます。


今日は暖かい一日でした。
窓を開けていて丁度いい感じ。

近所の紅葉も五日にはこんな感じだったのに
20151205001

20151205002

20151205003

金曜日の強風で散ってしまった模様。
20151213-1

わずかに残っていますね。
20151213-2


そろそろ年賀状にも取り掛からなければと思いつつ
きっと25日くらいに大慌てしていることでしょう。


日曜日に焼いたブラウニー。

20151208-1

チョコレートはいつも用意してあるので
柔らかいプルーンがアクセントです。
スイートチョコレートを使ったのですが
ビターでしっとりに仕上がりました。

20151208-2

粉類をほとんど使わないので
ほぼチョコレートです。

日曜日は叔母の百か日の法要でした。
そんなに寒くもなく、お天気もまずまずで
そういえば晴れ女と常々話しておられた方でした。
98歳だったので法要ではありますが
思い出話をたくさんしてほのぼのした雰囲気でした。

20151206-1

20151206-2

20151206-3

20151206-4

20151206-5

20151206-6

20151206-7

20151206-8

七日は二十四節気の「大雪」
いよいよ本格的に雪が降り出す頃のこと。
そろそろ北の地方には天気予報に雪のマークが出始めました。
降雪地帯では雪の重みで
木が折れないように雪吊りをします。

20151207

兼六園の雪吊りは冬の風物詩ですね。
金沢にいきたいなぁ。

今シーズンも「かき金」へ行ってきました。

なかなか予約の電話が繋がらなかったとのことですが
やっぱりお店の人は忙しそうです。


まずはカキフライが来ました。
大きさもちょうどよくて揚げたては最高。
実は写真を撮る前に食べちゃってます(笑)


かきのバター焼き
ぽんずたれがあったのですが
バターの風味だけでも十分美味しい。
端っこがちょっとかりっとしててとっても美味しい。
これは家でも作ってみたい一品です。


殻焼きがこんな感じで運ばれてきました。
やっぱり美味しい~!!

20151205-4

20151205-5

かきの土手鍋
白味噌とお出汁が絶妙です。

20151205-6

そして〆は牡蠣ごはん
食べきれるかな…と言いつつ完食(笑)


Nさん、なかなか電話が繋がらないのに
予約してくれてありがとうございます。
かき金の牡蠣はぷりぷりで美味しいです。
心行くまで堪能しました。

とうとう十二月。
京都で南座のまねきを
みたときも師走だなぁ…と思いましたが
作らなければならない年賀はがきが
手元にあると一気にあせりが出ます。

20151201-3

近所の小学校のさくらの木もこんなふうに色づいています。

20151201-1

この小さな紫色のものは
つるむらさきの花でしょうか?
初めて見ました。

20151201-2