FC2ブログ

毎日暖かいのでラズベリーも花が開きました。
20160331-2

桜も…

20160330-1
昨日はこんな感じだったのに


20160331-1
もうこんなに咲いています。
写真ではちょっとわかりにくいですけれど
三分咲き位でしょうか。
朝刊に高台寺の桜は満開と出ていましたよ。


この週末に王子動物園の夜桜通り抜けが
あるのですけれど丁度いい感じかもしれませんね。

ただ日曜、月曜と雨の予報です。
桜の頃にはいつもこの和歌を思い出してしまいます。

世の中に たえて桜のなかりせば 
  春の心はのどけからまし   
      在原業平

20160330-2

日本人は昔から桜が咲くころはこんな気持ちなのですね。


ティータイムのお菓子が無かったので
急きょ焼きました。
フードプロセッサーを使うと生地が簡単にできます。

【クランベリーサブレ】
20160329-1

<材料>
 発酵バター        80g
 きび砂糖         70g
 卵黄            1個
 アーモンドプードル    30g
 薄力粉(ファリーヌ)  150g
 ドライクランベリー    30g

<作り方>
 ①砂糖、ファリーヌ(薄力粉)、アーモンドプードルを
  フードプロセッサーに入れて、ガッガッと混ぜる。
 ②1cm位にカットした発酵バターを①に入れて、サラサラになるまで混ぜる。
 ③卵黄を入れてガッガッと混ぜてからドライクランベリーも入れて
  ひとまとまりになるまで、回す。
 ④生地を取出し、棒状に伸ばして成形してラップで覆い冷蔵庫で1時間ほど
  休ませる。
 ⑤1cm位に切って、180度で予熱しておいたオーブンで10分ほど焼く。

■■■
20160329-2

先週まで緑だったラズベリーの固い蕾。
ふと見ると白い花弁が風に揺れて
今にも咲きそうになっています。
20160329-3

この春は葉が茂っているので
蕾がいくつあるか確認できてません。
花も気になりますが今年こそ実がなってほしいです。


最近は赤い皮のジャガイモがあるので
大きさが似ているとサツマイモかどうか解らなくて
困ります。
買いおいてあったのはうまい具合にサツマイモでした。

【リンゴとサツマイモのカップケーキ】
20160328-1

<材料> マフィン型9個分
ファリーヌ (薄力粉)120g
BP         小さじ1/2
きび砂糖         75g
バター          75g
卵             2個
りんご           1個
さつまいも       100g 

*オーブンは180度で予熱しておく。
*ファリーヌとBPは合わせてふるっておく
*サツマイモはラップに包んで電子レンジで4分ほど加熱して
 柔らかくして1cm厚さに切って4~6等分する
*リンゴは皮ごと8等分のくし型に切り、さらに1cm厚さに切る。

<作り方>
①バターをボウルに入れホイッパーまたはハンドミキサーでクリーム状にする。
②きび砂糖を入れて白っぽくふんわりとなるまでよく混ぜる
③卵を2~3回に分けて加え、そのたびによく混ぜる。
④生地がなめらかになったらゴムベラに変えてふるった粉を加えて混ぜる。
 さつまいもとリンゴを加えて混ぜる
⑤マフィン型に生地を入れてオーブンで20分位焼く。
⑥中心に竹串を刺して生地が付いてこなければOK

20160328-2

リンゴは紅玉がおすすめですが
今回は「ふじ」で作りました。

イースターはキリストの復活を祝う日です。
春分を過ぎて最初の満月の後の日曜なので
毎年変わります。
今年は3月27日。
ちなみに昨年は4月5日でした。

20160327

イースターと卵。
私自身はキリスト教徒ではありませんが
父がそうだったので教会で配った後の
可愛い卵をお土産に持って帰ってくれていたので
カラフルな卵のある日=復活祭(イースター)と覚えていました。
この日に教会の納骨堂でイースター礼拝があるというのは
父が亡くなって教会から親族に案内があるようになってからでした。
それで毎年変わるイースターを気にするようになったわけです。

この2~3日は冷え込んでいたので
足踏み状態でしたがとうとう神戸も開花宣言です。

20160326-1

近所の小学校の桜もちらほら咲きはじめました。
これからしばらく雨、風などお天気が気になりますね。

20160326-2

幼稚園のチューリップも鮮やか。


今日は近所の小学校の卒業式でした。
校門のそばの桜の蕾はピンク色になってはいますが
まだ一輪も咲いていません。
神戸はまだ開花宣言されていないですしね。
お彼岸にはあんなに暖かかったのに
どうしたのでしょうか、今日は寒いです。
春のお天気は気まぐれ。

20160324-1

葉ボタンが育ちすぎて花が咲いてます。

20160324-2

この冬に落葉しなかったので
ラズベリーの葉がかなり茂ってます。
蕾が膨らみ始めました。


情報番組で作り方を紹介していたので作ってみました。
生姜の「ジンゲロール」は活性酸素除去、がんや脳卒中など様々な病気の
予防に役立つ。生姜は体を温める効果もある。
酢は生活習慣病を引き起こす四大危険因子すべてに作用する食品。
穀物酢、米酢、リンゴ酢など良いようですが
お薦めは「黒酢」と紹介されていました。

とのことで酢はいつも常備してある「千鳥酢」を使いました。

【酢生姜】
20160323

<材料>
土生姜       100g
酢          100cc
蜂蜜          20g

<作り方>
①土生姜はよく洗って皮付きのままみじん切り。
②①と酢と蜂蜜を保存容器に入れて冷蔵庫で一晩寝かせたら出来上がり。

一晩おいたらほんのりピンク色になりました。
保存期間は冷蔵庫で一週間位。
一日スプーン一杯(約30g位)食べるといいそうですよ。


今度は姪っ子から高校の卒業旅行のお土産です。
長崎のカステラ。

20160321-1
20160321-2

総勢16人で九州に行っていたとのことで
ちょっとした団体旅行ですね。
進路も決まって一番いい春休みです。
彼女も四月から大学生。
姪や甥たちが大人になっていくのを
近くで見られるのは嬉しいものです。
満開の桜の時に二人の入学式だといいなぁと
思っています。

20160321-3

これは近所の公園で満開の「こぶし」(たぶん)
白い花と青い空が春を感じさせてくれます。


昨日、午後からお墓参りに行きました。
風がちょっと冷たかったですが

20160320-1

近所の桜並木を見ると
ほとんどは蕾が桃色になっていまにも咲き出しそう

20160320-2
20160320-3

その中で咲いているのが見つかりました。

こちらは弓弦羽神社の枝垂桜。
20160320-4

20160320-5

蕾が濃い紅色になっていて
少しだけ咲いていました。

神戸でも咲きはじめましたよ。


3月20日は二十四節気の「春分」
太陽が真東から昇り、真西に沈む日のこと。
昼と夜が同じ長さになる春分の時期を
二十四節気の大きな節目の一つとします。
良いお天気なので陽のあたるところは
ほかほかと暖かいです。



春はあけぼの。
やうやう白くなりゆく
山ぎは少しあかりて
紫だちたる雲の細くたなびきたる。

「枕草子」第一段より


オリーブオイルに漬け込んでいた
カモミールがいい感じになったので
シアバターをたっぷり使って石鹸を作りました。
これは材料を活かしてシンプルに。
カモミールを漬け込んだオイルを搾ったら
量が多かったのですが全部使うことにしました。
残すともったいないオイルなのでね(笑)
オリーブオイルは保湿力のある石鹸を作るのに良いオイルです。
これに肌の炎症を抑えたり
皮膚を優しく保護する効能もあるカモミールを
漬け込むのですからひときわマイルドな石鹸が出来ます。
わたしもこの石鹸をとても気に入っています。


≪シアバターカモミール石鹸≫
シアバターカモミール石鹸

【原材料】オリーブオイル(カモミールinf)
      シアバター、米油
      ココナッツオイル、パームオイル、
      キャスターオイル
【SF】 ゴールデンホホバ
【OP】 シルクパウダー
【EO】 オレンジスイート
     ラベンダー

シアバターカモミール石鹸1

写真にしてしまうとクリーム色の
シンプルなものですが使い心地は素晴らしい石鹸です。


最近は塾でも卒業旅行のようなものがあるようで
なばなの里にいってきたよ~と
おみやげをいただきました。
あ!またまた甥っ子です。

20160318-1
「湯あみ福餅」

20160318-2

福餅って名前がいいなぁ。
このところあまりいいことがないので
これ食べて元気出そうっと。

ちょうどお彼岸なので
仏壇にもお供えしましたよ。


お水取りが終わったら暖かくなって
今日はもう彼岸の入り。
正岡子規が「毎年よ 彼岸の入りに 寒いのは」と
仰っていますが今年の彼岸の入りは暖かいですよ。

暑さ寒さも彼岸まで…というけれど
急に天気予報では桜の開花が早くなるようなことを
言っていますね。
入学式には散ってしまっているのかしら。
週末は雨の予報ですが
お墓参りに行かなくてはね。


今日は寒い一日でした。
月曜日は灯油を車で売りに来る日なのですが
今日の寒さだと買っておかなければ…と思ってしまいます。

で…ホワイトデーなので
甥っ子がお菓子を届けてくれました。

20160314-1

今年は自分のお小遣いで買いに行ってくれたとのことで
大人になったなぁと感慨深いです。
いつまでもチョコレート好きでいてくれたら嬉しいな。

20160314-2

こちらは弟からのお菓子です。
苺のトリュフ。
乾燥させた苺にチョコをコーティングしたものです。


ありがとうございます。
しばらくティータイムが楽しみです。



青かったアボカドが食べごろになりました。
いつも簡単にサラダにしたり
醤油をかけるだけだったので
今回はツナと合わせてみました。

【アボカドとツナの和え物】
20160313

<材料>
アボカド       1個
ツナ缶        1缶
キュウリ       1本
レモン汁       1個分

<作り方>
①アボカドは皮から取り出し一口大にして、レモン汁であえる。
②キュウリは薄切りにする。
③ツナ缶の油をきり、①のアボカドと合わせ②のキュウリと醤油少々を加えて
 混ぜ合わせる。

すごーく簡単です。

いかなご2016

今年は三月七日がいかなごの解禁日
毎年のことですが春だなぁし感じる日です。
今年は例年より一週間くらい遅いです。
そして残念なことに漁獲量が少ないとのことで
一キロが¥2538(税込)でした。
お値段が高いです。
行列に並んでいた方も今年は送るのはやめよう…と
話していらっしゃいました。
それでも「一回は炊かなくちゃね」というのが
ここら辺の人たちの気持ちなんですよね。
これからしばらくは町がくぎ煮を炊く香りになります。

食パンを焼くのを忘れていたので
前から気になっていたポップオーバーを
朝食用に作りました。
混ぜて焼くだけなので思い立ったらすぐできます。
中が空洞になっているので
シュー生地のような感じです

【ポップオーバー】
ポップオーバー1

<材料> マフィン型5個分
ファリーヌ (薄力粉) 80g
キタノカオリ(強力粉) 10g
牛乳         100g
卵            2個
塩         ひとつまみ
米油         大さじ1 

*オーブンは200度で予熱しておく。
*ファリーヌとキタノカオリ、塩をふるっておく

<作り方>
①ふるった粉類のボウルにほぐした卵、牛乳、米油を合わせたものを
  少しずつ混ぜながら入れてだまが出来ないように生地を作る。
②マフィン型の7分目位まで生地を入れてオーブンで35分位焼く。
③こんがりキツネ色になっていたらOK。
④途中でオーブンを開けるとしぼんでしまうので注意です。


ポップオーバー2

キツネ色よりは色黒になってしまいました。
次回はもう少し時間を短めにしようっと。
生地自体は甘くないので
ジャムやクリームにも合います。

20160304

国産のレモンがあったので
レモンとフィールハニーで
シフォンケーキを焼きました。
ティータイムのお菓子に持って行ったのですが
気に入っていただけたようです。
今回のレモンは香りがよくてよかったです。

今日は暖かいのを通りこして日向は暑いほどです。
半袖の人もいましたよ。
今日は二十四節気の「啓蟄」
冬の間、土の中で冬眠していた虫たちが
暖かくなって一斉に外に這い出してくる時期。
「啓」は開く、「蟄」は虫が土中に閉じこもるという意味を持ちます。
この頃から草木も芽吹き始め
日差しも柔らかくなり、風の冷たさも徐々に解けてきます。
啓蟄は始まりの季節ですね。

20160305

ベランダの水仙も今日一斉に花が開きました。


ひな祭りは五節句のひとつ「上巳の節句」です。
上巳(じょうし)とは三月の一番初めの巳の日のことです。
陰陽道ではこの日は陰の極にあたり
非常に忌むべき日とされていました。
日本には平安の頃より
この日に一切のけがれや厄を
祓い清めるために人形(ひとがた)を作って
海や川に流す風習がありました。
これが次第に「紙雛」に変化し
さらに現在の雛人形になりました。

20160303

旧暦のこのころは桃の花が咲くから「桃の節句」。
幼いころは旧暦までお雛様を飾っていました。
子どもの厄除けと健康を願うのは
今も昔も同じですね。


今日から三月。
それにしても寒すぎる。
少しだけですが粉雪が舞っていました。
すぐに暖かくなるようなことを
天気予報がいっていましたが
こんなに気温の差が激しいと
風邪が流行って当たり前ですね。
もうすぐひな祭りなので
桃の花を買っている方が多かったのですが
北風に花びらも寒そうでした。

東大寺二月堂では一日から
「修二会」が始まりました。
お水取りが終わるまでは寒いのだといいますから
まだまだストーブのお世話になります。


「水取りや 奈良のはたごの 置きごたつ」
     生田 花朝