FC2ブログ

20160424-2

近所の藤の花が綺麗です。
最近は桜が終わると急に暑くなるので
去年は気が付いた時にはもう花が無かったです。
休日に近所の中学の藤棚をみたら紫の花房が
風に揺れていました。
ここはクラブ活動があるので
一般の人は休日でも入ることができません。
きっと小学校の藤棚も見頃のはず。
少年野球の練習があるので
邪魔にならないように藤棚の下まで行って
写真を撮らせていただきました。

20160424-1

久しぶりに間近で藤を観ました。


アボカドバター石鹸1

カチカチだったココナッツオイルと
パームオイルが扱いやすい固さになりました。
4月でも暑いくらいの気温になることが多くなりました。
これから梅雨に入るまでは石鹸作りに良い季節です。
ただ柔らかいバターは要注意。
アボカドバターは冷蔵庫から出した途端に解け始めました。


≪アボカドバター石鹸≫
アボカドバター石鹸

【原材料】アボカドバター、アボカドオイル
      オリーブオイル、米油
      ココナッツオイル、パームオイル
      レッドパームオイル、パームオイル
      スイートアーモンドオイル、キャスターオイル
【SF】 ゴールデンホホバ
【OP】 シルクパウダー、トレハロース
     ネトルパウダー
【EO】 ローズゼラニウム、ローズウッド
     パルマローザ、ユーカリレモン

ネトルパウダーは 
肌が荒れてきたなと思ったときに
お薦めなので緑の色づけによく使います。
細い白の線もなんとか出ています。
型から出してみないと上手くできているか
判らないのでいつもドキドキです。

クランベリーサブレと同じ材料です。
作り方も同じ。
簡単です。
ただ、プルーンの色が黒っぽいので
色黒のサブレになりました。


【プルーンーサブレ】
20160418

<材料>
 発酵バター        80g
 きび砂糖         70g
 卵黄            1個
 アーモンドプードル    30g
 薄力粉(ファリーヌ)  150g
 セミドライプルーン    30g

<作り方>
 ①砂糖、ファリーヌ(薄力粉)、アーモンドプードルを
   フードプロセッサーに入れて、ガッガッと混ぜる。
 ②1cm位にカットした発酵バターを①に入れて、サラサラになるまで混ぜる。
 ③卵黄を入れてガッガッと混ぜてからセミドライプルーンも入れて
   ひとまとまりになるまで、回す。
 ④生地を取出し、棒状に伸ばして成形してラップで覆い冷蔵庫で1時間ほど
   休ませる。
 ⑤1cm位に切って、180度で予熱しておいたオーブンで10分ほど焼く。


■■■
昨日(4月20日)は二十四節気の「穀雨」
穀雨とはたくさんの穀物をうるおす春の雨が
降る頃のこと。
今日は朝から雨です。
20日は快晴でしたから一日遅れて「穀雨」に
ぴったりの天気になりました。

【イカとエリンギのアヒージョ】
イカのアヒージョ2

<材料>
イカ       1ぱい
エリンギ     1袋
塩麹       大さじ1
にんにく     1片
ローズマリー   適宜
オリーブオイル  適宜

<作り方>
①イカを食べやすい大きさに切り、塩麹をもみ込んでおく。
②エリンギは輪切りにする。
③鍋にニンニク、オリーブオイルを入れて火にかける。
香りがたってきたら弱火にする。
④③の鍋にイカを入れて軽く混ぜる。
⑤④にエリンギとローズマリーを入れて10分位煮る。
⑥塩、胡椒で味を調えて出来上がり。

イカのアヒージョ1

ローズマリーは無くても大丈夫です。
塩麹だけで塩味は十分だと思いますが
足りなかったら塩を足してください。
お酒のあてに良いですよ。


11日と12日の朝は肌寒い気温でした。
ちょっと遅めの花冷えでしょうか。
ソメイヨシノは葉が目立つようになりました。
でも、まだ八重桜があります。

20160412-1

天満橋で降りることなどめったにないので
迷うかな…と思ったのですが
多勢の人と造幣局への案内がたくさん。
一方通行なのでみんなについていくと
造幣局に着いたのでした。

20160412-10

たぶん見頃だと思います。

もともと八重桜は華やかですが
20160412-2
中にはこんなシックな花も。
20160412-3
須磨浦普賢象

20160412-9
白い花弁に真ん中が赤。

20160412-4

花弁が30枚位ある関山
この木が一番多い

20160412-6



20160412-12

20160412-11
これは今年の花 「牡丹」

20160412-7

良いお花見になりました。

20160412-8


さくら色の 庭の春風 跡もなし
    とはヾぞ人の ゆきとだに見ん
    「藤原定家」


大きなマッシュルームが袋詰めで安く買えました。
かさの部分が生椎茸くらいあります。
これは切ってしまうともったいないので
そのまま焼くことにしました。

20160411-1

軸を外してかさの部分に塩、胡椒をして
オリーブオイルをかけて、グリルで焼く。
焼けたかさにバジルソースをのせて
パルミジャーノをかけたら出来上がり。
すごく簡単。


風が強くて肌寒い月曜日です。
近所の小学校は今日が入学式。
可愛い新一年生が背中に
大きなランドセルを背負って両親と登校です。

20160411

で、桜はすっかり散ってしまいました。
小学校の桜は生徒のいない春休みの期間が一番美しいです。

4月8日は花まつり。

20160406-45

20160406-46

「花まつりとは、お釈迦様のご誕生をお祝いし
人間が生きるための道しるべ、心のよりどころを
明らかにしてくださったことに感謝する行事です。
大谷祖廟では毎年4月1日~8日まで
お釈迦様(8日)と親鸞様(1日)の
ご誕生をお祝いする行事として花まつりを
開催しております。
花御堂にお花を飾り、誕生仏に甘茶をかけて
手をあわせましょう。」

大谷祖廟の花祭りの説明から引用させていただきました。

20160406-47
河原町近くの白川沿い


6日の続きです。
御所を出て京都御苑の桜を眺めながら
下立売御門へ

20160406-29
途中、桃林でまだ残っていた桃の花を発見。


丸太町駅から東山に向かい
いつものように白川沿いの道を選択。

20160406-30

20160406-31
ここは桜と川が良い景色。

そして紅枝垂れに会いに平安神宮へ。
20160406-33

20160406-34

20160406-35

今年はここも花の色が少しだけ濃いような気がします。

20160406-36

20160406-37

20160406-38

20160406-39

20160406-40

20160406-41
毎年観に行きたくなる場所です。

20160406-32

20160406-42
琵琶湖疏水にかかる桜を慶流橋から。


神宮道を東大谷に向かって歩くと

20160406-43
知恩院。

20160406-44
丸山公園の枝垂れ桜

良い日に出かけたと思います。
7日は花散らしの雨でしたから。

雨が降ったら散ってしまうほど満開なので
急いで京都へ。
あ、今日はちゃんと晴れてました。


京都御苑に行こうと思っていたのですが
地下鉄が混雑している…と思ったら
なんと6日から京都御所の一般公開ではないですか!!
京都御苑まで行くのですから
これは御所も観るでしょう、そうでしょう。

20160406-1
久しぶりの御所です。

20160406-2
御車寄

20160406-3
新御車寄

20160406-5

20160406-6
紫宸殿

20160406-8

20160406-7
左近の桜はほとんど散っていました。

20160406-9
右近の橘

20160406-10

20160406-11

20160406-12

20160406-13

20160406-14

20160406-15
今回は装束の展示もありました。
これは五つ衣です。

20160406-16
代表的な襲の紹介

20160406-17

20160406-18
御池庭

20160406-19
蹴鞠の庭

20160406-20

20160406-24
御所の桜で蕾はかなり紅色なのに
20160406-25
開くとこんなに白い花がありました。
上の写真と下の写真は同じ木です。

20160406-26

20160406-27

20160406-28

久しぶりの御所を堪能しました。

それにしても暑いくらいでした。
桜の季節は春らしい気温で過ごしたい。


20160405-16

夙川に行った後で芦屋川の様子も見に行きました。
20160405-12

20160405-13

20160405-14

20160405-15

阪急芦屋から二号線までの芦屋川は
両側に桜が咲き誇っていました。

20160405-17

芦屋川も満開です。
ここはそんなに混雑していないので
お花見の昼宴会の方もゆったりされていました。


4月5日の日記。
この日もすっきりしない空です。
花曇りですね。

20160405-1

20160405-2

夙川公園の桜が満開…とのことで
急遽行ってきました。

20160405-3

今年は屋台が出ていないので
すっきりしていてゆっくり桜を見ることが出来ました。
ほのかに桜の花の香りも感じられました。

20160405-5

やはり川沿いの桜は格別。
20160405-4

昨年より桜の花が薄紅っぽく感じるのは
気のせいではないような…

20160405-6
ちなみにこの花は薄緑で珍しい。

20160405-7

20160405-8

花びらが川に散って花筏になりかけていました。

■■■
20160405-9

20160405-11

近所の小学校の桜も入学式を待たずに
満開になりました。
20160405-10

夕方に少しだけ青空が見えました。



20160403-2

20160403-1

ちょっと前後しますが四月三日の日曜日のことを。
朝は晴れていたのですが天気予報は下り坂とのこと。
でも少し早いかと思った桜は満開ではないですけれど
いいかんじに見頃です。

日程を考えてくれたTさんNさんグッジョブ!!
今年も見頃の桜のもとお食事会。
20160403-5

20160403-6

青空ではないけれど川沿いの桜が見事です。


それではお料理の紹介。

旬味来福 はんなり懐石

さまざまの 事おもひ出す 桜かな
          松尾芭蕉

20160403-7
先附  黒胡麻のお豆富 オクラのとろろ掛け

20160403-8
椀物  蓬餅と桜海老の身丈 清まし仕立て

20160403-10
向附  桜鱒と紋甲いかのサラダ仕立て

20160403-11
蒸物  鰆の桜蒸し 青大豆の餡かけ

20160403-12
八寸  旬彩の口取り 春の華やぎ
20160403-13
  一人分はこんな感じ

20160403-14
焼物  高知産一本釣り藁焼き鰹の叩き

20160403-15
揚物  山菜と筍の土佐揚

20160403-16
食事  古代米の筍御飯 赤出汁 香の物

20160403-17
水菓子 桜香る杏仁豆富
    草餅のアイスクリーム

20160403-18
珈琲
このコーヒーカップ、好きです。

今回は桜の眺められる特等席ではなかったのですが
デザートの時はその席に移らせてくださいました。

20160403-19

20160403-20

この席は四季折々の眺めが絵のようです。
特に桜の時は眼福です。
美味しい食事を友人と囲む贅沢な時間を過ごさせてもらいました。
お天気に左右されない極上のお花見です。



春分から15日目の4月4日は二十四節気の「清明」。
清明とは清浄明潔の略で万物が清々しく明るく美しい頃。
春分後に吹く柔らかな南東の風を清明風と呼び
晴れ渡った空も清々しさを増します。
というのが清明なのですが空は曇天。
ときおり雨も落ちてきています。

20160404

なかなか青空の桜になりません。

ただこの時期は桜に気を取られがちですが
他にもたくさんの花が色鮮やかに咲き乱れて
百花繚乱です。
20160403-3

20160403-4

20160402-2

20160402-3

今年も行ってきました。
20160402-4

夜桜と言っても完全に夜になっていない黄昏時です。

20160402-5

20160402-6

花が少しだけ薄桃色に見えるのは
ライトにピンクっぽいのがあるからです。

20160402-7

20160402-8

20160402-9

20160402-10

ほぼ満開です。
20160402-11

20160402-12


■■■
近くの小学校の桜も満開!!

20160402-1

20160401

新年度が始まりました。
で、エイプリルフールです。
ニュースなどで話題にはなりますが
実際になにかした…ということはないです。
このエイプリルフールは一説によると
ヨーロッパが始まりなんだとか。
かつて4月1日を新年として
春の祭りを行っていたのですが
フランス王シャルル九世(16世紀)が
新年を1月1日に改めます。
人々がそれに反発して4月1日を
「うその新年」と呼びお祭りにしたのだとか。

日本では桜の季節なので
お花見や名所での花を愛でる会が盛んですよね。

昨日、弓弦羽神社にお散歩に行きました。
20160331-4

20160331-5
枝垂れ桜が見頃です。


20160331-7


20160331-6
参道のソメイヨシノもこんな感じ。
20160331-3

週末には花びら祭りのようです。

20160331-8

近所の公園の桜にもこれが吊るされていましたよ。


今日は雨。
まだまだ満開ではないので
花散らしの雨にはなりませんよね。