FC2ブログ

バナナがいい感じに熟してきたので
シフォンケーキに使うことにしました。
今回はバナナが好き…という人ばかりなので
久しぶりにバナナを使ったお菓子をが作ることができます。

【バナナシフォンケーキ】
20161130

<材料> 17cm型1個分
  卵白           4個
  卵黄           4個
  砂糖          60g 
    (卵白用 40g 卵黄用 20g)
  牛乳          15cc
  バナナ         1と1/2本
  ファリーヌ(薄力粉)  80g
  米油          30cc
  
 *オーブンを170度で予熱しておく。
 *バナナをバーミックスなどで細かくつぶす。
 
<作り方>
 ①卵白に砂糖を三回に分けて加え、しっかりしたメレンゲを作る。
 ②卵黄に砂糖を入れもったりするまで泡立て、米油と
  バナナ、牛乳の順に加えて混ぜる。
 ③ふるった薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
 ④メレンゲを三回に分けて卵黄生地に混ぜる。この時メレンゲの泡を
  壊さないように混ぜる。
 ⑤シフォン型に生地を入れ170度で30分位焼く。
 ⑥焼けたら型のまま逆さまにして完全に冷ます。


バナナはスイートスポットが出るくらいに
熟したものを使ってください。
焼いている間もいい香りです。
■■■
今日で霜月も終わり。
カレンダーも一枚を残すのみとなりました。
飛ぶように時間が過ぎていく…。


そろそろゆずの季節になりました。
お鍋にゆずポン酢は定番ですよね。
ゆず果汁はシフォンケーキに使っても
さわやかな風味です。
クリームチーズを使ったわけではないのに
冷やすと軽いチーズケーキみたい…と言われました。
大好評でしたよ。


【ゆずシフォンケーキ】
20161126-1

<材料> 17cm型1個分
  卵白           5個
  卵黄           4個
  砂糖          80g 
        (卵白用 50g 卵黄用 30g)
  ゆず皮          2個分
  ゆず果汁        50cc
  ファリーヌ(薄力粉) 100g
  米油          35cc
  
 *オーブンを170度で予熱しておく。
 *ゆず皮はすりおろす。ゆずを搾って果汁50ccを計る。
 
<作り方>
 ①卵白に砂糖を三回に分けて加え、しっかりしたメレンゲを作る。
 ②卵黄に砂糖を入れもったりするまで泡立て、ゆず皮、ゆず果汁と
  米油を加えて混ぜる。
 ③ふるった薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
 ④メレンゲを三回に分けて卵黄生地に混ぜる。この時メレンゲの泡を
  壊さないように混ぜる。
 ⑤シフォン型に生地を入れ170度で30分位焼く。
 ⑥焼けたら型のまま逆さまにして完全に冷ます。

22日は二十四節気の「小雪」でした。
寒さが進みそろそろ雪が降り始めるころのこと。
暦の本の説明に
いつもはいやいや~寒くないし…と
思うのですが天気予報では
東京は雪が降るかもしれないくらいの
寒さになります…と言っていました。

そして急に冷え込んだ勤労感謝の日。
勤労感謝の日はもともと
秋の収穫に感謝を捧げる「新嘗祭」の祭日でした。
この秋初めてセーターを着て出かけました。

20161123-1

今年の紅葉は早いようで
桜の葉は散りかけていました。


20161123-3
もみじはまだ大丈夫のようです。

20161123-2

20161123-4
桜木の下につわぶきの花。

帰りに久しぶりにアンプレシヨンをのぞいたら
ありました。
「和栗のモンブラン」。
20161123-5

去年は買えなかったので二年ぶりです。

フードプロセッサーで生地を作るので簡単です。
アーモンドココアサブレ

【アーモンドココアサブレ】
<材料>
 発酵バター        60g
 きび砂糖         50g
 アーモンドプードル    50g
 薄力粉(ファリーヌ)   60g
 ココア          10g
 卵黄            1個
 スライスアーモンド    30g
 
<作り方>
 ①砂糖、ファリーヌ(薄力粉)、アーモンドプードル、ココアを
  フードプロセッサーに入れて、ガッガッと混ぜる。
 ②1cm位にカットした発酵バターを①に入れて
  サラサラになるまで混ぜる。
 ③卵黄を②に入れて一塊になるまで混ぜる。
 ④生地を取出し、スライスアーモンドを混ぜて棒状に伸ばし
  成形してラップで覆い冷蔵庫で一晩休ませる。
 ⑤1cm弱に切って、180度で予熱しておいたオーブンで11分ほど焼く。
 ⑥焼きあがったらケーキクーラーで冷ます。

スライスアーモンドが香ばしくておいしいですよ。

20161119-1

久しぶりにチョコレートシフォンを焼きました。
職場の室温が暑いくらいなので
冷やしてから食べましたよ。

■■■
20161119-2

今年は紅葉の進み方が早いような気がします。
急に冷え込んだので色も鮮やか。
珍しく南天の実がまだ残っているのもうれしい。

20161119-3

ただこの時期の紅葉の名所はとっても混んでいる…。
どこを選べばゆっくりできるかな。

仕事が忙しくなってくると
どうしても甘いものが欲しくなる…。
私は忙しくなると週末にお菓子を焼きたくなる…。

20161112

週明けはいつも事務所にお菓子をもって出勤です。
このシフォンは今までの中で一番好きかもしれないと
言ってもらいました。
抹茶とチョコはいい組み合わせのようです。

■■■
明日は満月そしてスーパームーンです。
しかもスーパームーンです。
今年は月と地球の距離が縮まって
68年ぶりの近さになります。
スーパームーン中のスーパームーンで
「ウルトラスーパームーン」です。
夜空にぽっかりと浮かんだ迫力満点の月を
眺めたいのですが天気予報では雨のよう。
どうか観られますように。

11月7日は二十四節気の「立冬」
いまから紅葉が始まるのに
暦の上ではもう冬です。

そして今日は「鍋の日」
一(い)一(い)七(なべ)の語呂合わせから
この日になったのだそうです。
そろそろ献立に困ったら鍋にする…のが
多くなりそうです。
ちなみに今夜は豚しゃぶでした(笑)

久しぶりに小豆のシフォンケーキを焼きました。

【小豆シフォンケーキ】
20161106

<材料> 17cm型1個分
  卵白           5個
  卵黄           4個
  砂糖          50g 
(卵白用 35g 卵黄用 15g)
  小豆あん       150g
  牛乳          40cc
  ファリーヌ(薄力粉) 100g
  
 *オーブンを170度で予熱しておく。
 
<作り方>
 ①卵白に砂糖を三回に分けて加え、しっかりしたメレンゲを作る。
 ②卵黄に砂糖を入れもったりするまで混ぜ、牛乳、小豆あんを加えて混ぜる。
 ③ふるった薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
 ④メレンゲを三回に分けて卵黄生地に混ぜる。この時メレンゲの泡を
  壊さないように混ぜる。
 ⑤シフォン型に生地を入れ170度で30分位焼く。
 ⑥焼けたら型のまま逆さまにして完全に冷ます。

オイルを使用していないので
ふわふわのカステラのような感じです。
コーヒーで味見をしましたが
日本茶にも合うと思います。

■■■
今日は曇りだったので
おもったより寒かったです。
そろそろ冬支度をしないとね。
寒暖の差があるので体調にきをつけなくては。

もともと室温が高い事務所にいるのですが
外の風がいい感じに冷たくなっても
室内はもわっとしています。
というわけで

20161104

冷やしてもおいしいハニーレモンフォンケーキ。
事務所の冷蔵庫で冷やしておやつにしました。
しゅわっとした口当たりで好評でした。

朝夕は冷え込んできました。
文化の日はいい天気ですが風が冷たい。
今年もあと二か月でおわりです。
はやーい。
日の入りがどんどん早くなって
仕事を終えて外に出たら真っ暗。
でも一年のうちで霜月が一番好きな月。
空気が冷たくなってくると紅葉を思ってわくわくします。
山装う季節。

■■■
二日に友人が高知から「鰹のたたき」を送ってくれました。
特製のたれもおいしくて幸せな気分。

鰹のたたき

やはり本場のものは味が濃い。
久しぶりに日本酒を飲んでしまいました(笑)
Sさんありがとうございます。
そしてご馳走様でした。