FC2ブログ

201406302

「夏越の祓」
六月と十二月には罪や穢れを落とす祓の行事があり
六月の大祓を夏越の祓と呼んでいます。
夏越の祓では神社に茅草で作った輪が立てられ
「茅の輪くぐり」を行います。
この輪をくぐることで病気や禍を免れようという神事です。
8の字を描くように 3度くぐります。
一回目(左まわり)
「思うこと 皆つきぬとて麻の葉を きりにきりても 祓いつるかな」
二回目(右まわり)
「みな月の なごしの祓する人は 千年のよわい のぶと云うなり」
三回目(左まわり)
「宮川の 清き流れにみそぎせば いのれる事の 叶わぬはなし」
 と唱えながら神主さんの後に続いて茅の輪をくぐります。

後の半年が無事に過ぎますように。



夏越と言えばこのお菓子が和菓子屋さんに並びます。
「水無月」です。
20160630

三角形のういろうに小豆。
小豆は邪気祓いを意味します。
仕事でおまいりに行けない時も
この日にはやはり「水無月」をいただきたい。

今週は梅雨らしいお天気ばかり。
2017年も半分過ぎてしまいました。
あとの半年、気張っていきましょう。


今回は正方形のモールドを使って
コロンとした石鹸にしてみました。
ローズクレイとハイビスカスパウダーで
こんな色になりました。

≪ハイビスカスクレイ石鹸≫
ハイビスカスとクレイの石鹸

【原材料】
  HOひまわり油、米油、ココナッツオイル
  パームオイル、マンゴーバター
  キャスターオイル
【SF】
   ゴールデンホホバ
【OP】
   トレハロース
   ハイビスカスパウダー
   ローズクレイ
【EO】
   ローズウッド
   ラベンダー
   レモングラス
   スイートマージョラム

思いのほかトレースが早く出てびっくり
精油のせいかしら?

朝は雨が張り切って降っていました。
梅雨なのに雨が降らない…と水不足を心配していたのに
降ったら降ったでついつい文句を言ってしまいます。
勝手なものです。

20170621


近所では涼しい色合いの紫陽花が今を盛りと咲いています。
この花ばかりは雨がよく似合う。

で、今日は二十四節気の「夏至」です。
一年でもっとも日が長く、夜が短い日です。
これから夏の盛りへとどんどん暑くなっていきます。

夏至の神戸の日の出は4:46
      日の入は19:16


フィナンシェのついでに
クッキーも焼きました。
これはもう少し改良がいるかも。
フィナンシェの方が評判がよかったです。

【米粉クッキー】

米粉クッキー

<材料>
米粉           130g
アーモンドパウダー     20g
きび砂糖          40g
卵黄             2個
発酵バター         40g

*オーブンは180度で予熱しておく。

<作り方>
 ①米粉、アーモンドプードル、きび砂糖を
  フードプロセッサーに入れて、ガッガッと混ぜる。
 ②1cm位にカットした発酵バターを①に入れて、サラサラになるまで混ぜる。
 ③卵黄を入れてガッガッと混ぜてからひとまとまりになるまで、回す。
  (生地がまとまらなかったら牛乳大さじ1くらい追加する)
 ④生地を取出し、棒状に伸ばして成形してラップで覆い冷蔵庫で1時間ほど
  休ませる。
 ⑤1cm位に切って、180度で予熱しておいたオーブンで12分ほど焼く。

生地は一晩冷蔵庫で休ませました。
アーモンドパウダーがもう少し多いほうがさくさくした食感になる気がします。


小麦粉を米粉に変えてフィナンシェを
作ってみました。
米粉は粉自体に甘みがあるので
砂糖の量を少し減らしました。

【米粉フィナンシェ】

20170618

<材料>
卵白           140g
米粉            45g
アーモンドパウダー     70g
きび砂糖          80g 
蜂蜜            20g
発酵バター        100g

*オーブンは200度で予熱しておく。
*米粉とアーモンドパウダーをふるっておく

<作り方>
①焦がしバターを作る。鍋にバターをいれて中火にかけて濃い茶色にする。
②ボウルに卵白、砂糖を入れてホイッパーで泡立てないように混ぜ合わせる。
③②に蜂蜜を入れて混ぜ合わせる。
④ふるった粉類を入れて、ホイッパーで静かに混ぜていく。
⑤④に焦がしバターを少しずつ入れて混ぜ合わせる。
⑥生地を冷蔵庫で3時間位休ませる。
⑦型に入れて、予熱したオーブンで10~12分焼く。

生地は一晩冷蔵庫で休ませました。
外はカリッとして中はもっちりしたフィナンシェが出来ました。
お菓子好きのグルテンフリーの友人がいるので
これは良いかも知れません。

■■■
20170617

昨日の夕方、西の空を見たらこんな色でした。

ココナッツミルクの小さい缶があったので
使い切れるように2バッチ分作成。
前回もトレースがすごく早く出て
びっくりしましたが
今回もココナッツミルクを入れた途端に
どろりとした感じになってしまいました。
香を前もってブレンドしておいて良かったです。
型入れのときもぽてっと落ちる感じでした。
表面もなかなか平らにならなかったので
大急ぎで模様を付けました。

≪ココナッツミルク石鹸≫
ココナッツミルク石鹸1

【原材料】オリーブオイル、米油、シアバター
      ココナッツオイル、パームオイル、
      スイートアーモンドオイル、キャスターオイル
【SF】 ゴールデンホホバ
【OP】 ココナッツミルク、コンフェティ
【EO】 レモンマートル
     イランイラン
     ラベンダー
     ベルガモット(ブルガプテンフリー)
     サイプレスフレンチ
     フランキンセンス

この石鹸は型から取り出すのに苦労しました。 
いつもならそんなに力も要らないのに
今回ばかりは手のひらの痛くなりました。
翌日は腕が筋肉痛。
なんであんなに外しにくかったかはなぞのまま。
コンフェティも入れたので
空洞ができていないか心配でしたが
カットした感じでは大丈夫のもよう。

ココナッツミルク石鹸2

焦ってつけた模様もきれいに出ています。

近畿地方はすでに梅雨入りしていますが

20160605-2

暦の上では今日が「入梅」
気象学的には
太陽が黄経八十度に達する日とされていて
だいたい六月十一日前後になるとのこと。
実際の天気と一致しないのですけれど
今日の近畿地方はどんよりとして
時々、しとしと雨が落ちてきます。
入梅にふさわしい天気です。

一年で一番小さく見える満月だそうですよ。
梅雨入したのにからっとした天気が続いています。
今夜もきれいな月が見られそうです。

20170609-2

南天の花が咲きました。

20170609-1

白い花がかわいい。


六月五日は二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」です。
稲や麦など穂の出る植物の種を蒔くころのこと。
稲の穂先にある針のような突起を芒(のぎ)といいます。
種を蒔く季節。

スイートバジルの種を蒔いたのが
五月中旬くらい。

バジルの芽

やっとこのくらいに成長しました。
均一に蒔いたつもりなのに
ひとところに固まっていた模様。
もう少し成長したら植え替えです。


ここしばらくからっとした空気で
爽やかな風が心地いい神戸です。
六甲山の緑も濃くなってきました。


久しぶりに友人に会うので
お菓子を焼きました。
気温の高い時期なので
多少持ち歩いても大丈夫なように
チョコレートシフォンにしました。
製菓用スイートチョコレートと
ココアパウダーとラム酒を使って大人味。

20170602-1

そして卵黄がひとつ分余ったので
クランベリーサブレも。

クランベリークッキー

次の日にお母様とティータイムをして楽しんでくれたようです。

20170601-4

今日から六月。
梅雨前なのに日差しが夏のよう。
紫陽花が色とりどりに咲き始めました。

20170601-1

20170601-2

20170601-3

朝はしゃんとしているのですが
西日を浴びた夕方はだらん…とします。
で、帰るなり水遣りをすることになります(笑)