FC2ブログ


モザイク紫石鹸1

毎日、湿度と気温が高くて夏らしい天気です。
蝉は元気一杯ですが
出かける気がなくなる暑さです。
顔に汗をかくので両手がふさがるととても困ります。

モザイク紫石鹸2

せめてバスタイムは涼しげにしたくて
紫色の石鹸を白の生地に入れて石鹸を作りました。
今回は白い生地と紫の部分を同じ香りにしました。
レモングラス、ラベンダー
スイートマージョラム
ローズウッドを使って
爽やかな香りになりました。
モザイク紫石鹸3

今年は夏の土用の間に、二度丑の日があります。
25日は癸丑で土用の丑の日。
一の丑です。

20170725

買い物に行くと鰻のいい香りとともに
魚屋のお兄さんたちの呼び込みも賑やかです。
今回は見送って二の丑の時に食べようかなと
思っています。
ちなみに二の丑は8月6日です。

今日は曇り空のせいか気温より
湿度がまとわりつく感じです。
25日は大阪の天神祭り。
近畿地方はこのころが一番暑い時期です。



7月23日は二十四節気の「大暑」
暑さの絶頂期。
連日最高気温が体温と同じくらいになっています。
近所の小学校も夏休みに入り
蝉の声だけが校庭に響いています。

20170723
朝顔はブルーが涼しげで好きです。

そうそう。
今夜は獅子座の位置で新月です。

近畿地方、梅雨が明けました。
蝉はとっくにもう夏だよと
毎朝すごい蝉時雨です。
近所の木には抜け殻が
実のようについています。


よくクーラーと冷蔵庫はどういうわけか
夏に壊れる・・・といいますが
先週、クーラーが壊れました。

20170719

室内の暑さが尋常ではないです。
こんなときは残業も喜んでしまいます。
会社は涼しいですからね。

今日、取り付けに来てくれるので
涼しい部屋になるはず。

今日は二十四節気の「小暑」です。
小暑から立秋になるまでが
暑中見舞いの時期です。
小暑までに出すのは梅雨見舞い。
立秋以降は残暑見舞い。
でも小暑を過ぎてもまだ雨の日が
続いているときは
梅雨明けを待ってから出すのがよいようです。



20170707-2

そして七日は七夕
今晩は天の川が見られるでしょうか?

別かるるや夢一筋の天の川 
     夏目漱石

20170707-1

夏至から数えて11日目が「半夏生」
夏至の末候が「半夏生生ず」

半夏生と言えば両足院が有名ですが

半夏生201307022

こんな植物です。
この白い部分は時期が過ぎると緑色になってしまうので
この時期だけお庭が涼しげになります。
白い部分は葉で先のほろほろした房のようなのが花です。

半夏生201307023

半夏生の日には
稲の穂がたこの足のように大地に広がって
しっかり根付くようにたこを食べる習慣があります。
関西の習慣らしいです。