FC2ブログ

銀杏も見事に色づいて
はらはら散った葉が
お社の屋根に積もっていました。
青空と黄色の銀杏が綺麗。

20171127-16


南天もたわわに赤く実がなっていました。
20171127-15

20171127-17


穏やかな晩秋の日差しだったので
そうだ!京都行こう・・・と思い立ち
嵐電に揺られて北野天満宮に出かけました。

20171127-1

20171127-2

20171127-3

20171127-4

20171127-5

20171127-6

20171127-10

20171127-11

20171127-12

20171127-13

ちょうど見ごろ。

そろそろ近畿地方の紅葉が見ごろ。
20171126-3

20171126-4

20171126-5

20171126-6

昼下がりにお散歩がてらに出かけたら
ぽつぽつと小雨が・・・
慌てて帰ってきました。

20171126-1

市民図書室前の銀杏も
いい感じの黄色に色づいていましたよ。

広辞苑によると
新嘗祭は天皇が新穀を天紙地祇にすすめ
また親しくこれを食する祭儀。
古くは11月の卯の日に行われた。
近時は11月23日に行われ、祭日の一つとされたが
現制ではこの日を「勤労感謝の日」として
国民の祝日に加えた。
とのことです。

そして近所の紅葉は…

20171123

夕方に撮ったので暗いですけれどこんな感じです。
やはりもみじのように鮮やかにはなりませんね。


京都の人が教えてくださった
「なんやいろいろいわはるけれど
京都の紅葉は勤労感謝の日位が見頃です」というのは
やはり経験から来るお話なんですね。
今日は天気が良かったので
京都はすごく混んでいたことでしょう。
どこに行けばゆっくり見られるのでしょうね。

今日は二十四節気の「小雪(しょうせつ)」
寒さが進み、そろそろ雪が降りはじめる頃のこと。

初候が「虹蔵れてみえず(にじかくれてみえず)」
虹をみかけることが少なくなるころ。
北陸では冬季雷(とうきらい)と呼ばれる雷が増してきます。

神戸も急に寒くなって珍しく「小雪」が
気温の低さから感じられます。
昨日、灯油売りの車が町内を回っていて
夜はストーブが必要だなと実感しました。



11月18日は蠍座で新月です。
この星座は清算と再生を表します。
再スタートを図るのに絶好の機会です。
新月が力を貸してくれて
次の挑戦を成功に導いてくれるでしょう。

朝から冷たい雨が降って
気温より寒々しいです。
そろそろストーブや炬燵の
用意をしなければいけませんね。
寒いとついつい夕食は鍋にしようと思ってしまいます(笑)

16日の木曜日、二年ぶりに
光明寺に行ってきました。

20171116-1

今年はもみじの紅葉が早い・・・とうわさだったので
早めに出かけたのですが
やはりまだでした。

20171116-2

20171116-3

御影堂のところはだいぶ色づいて見ごろでしたが
御朱印をいただいているときにお寺の方が
「急に寒くはなったけれど
やはりもみじ参道は来週くらいやね」と
おっしゃっていました。

20171116-8

20171116-9

ちょっと残念でしたが
混雑していなくて静かな光明寺を楽しめました。

20171116-4

20171116-5

20171116-7

20171116-6

この場所のもみじが一番鮮やかでした。

20171116-10
こんなに人影が少ないのは初めてだったので
ゆっくりしてしまいました。
風が冷たかったけれどよい一日でした。


20171112-1

毎年期待しながら夏の終わりに
枯れていてがっかりするのですが
今年はなんと三株とも元気です。
白も赤も花が咲きました。

20171112-2

白のほうは蕾もたくさんあります。
なぜうまく咲いたのかが謎です。



20171111-1

旬・お食事処処「ますや」さんは
武庫之荘駅南口から
南へ徒歩3分のところにあるお店です。

そのお店に昨夜は懐かしいメンバーが集って
楽しいひと時でした。

20171111-2

「ますや」の大将も同じ会社のOBです。
貸切だったので
画像の料理以外はメニューにある料理を
追加オーダーできるようになっていました。
20171111-3 20171111-4

20171111-5 20171111-6

20171111-7 20171111-8


和やかな楽しい時間は
あっという間に過ぎていきました。
また集まれるといいなぁ。

いいお天気で暑くも寒くもないいい時期なので
お墓参りに東山まで行ってきました。
京都はいつでも観光客でいっぱい。
修学旅行らしき制服姿の学生も
地図を片手に相談中。
なかなか先に進めませんね。

20171109-1

20171109-2

東大谷の入り口です。
ここだけ見事に真っ赤でした。

20171109-3

南天も実が真っ赤で房が重そうです。

20171109-4

知恩院も前まで行ったのですが
観光バスのあまりの多さに
正面だけ写させてもらいました。

20171109-6

建仁寺はこんな感じです。

20171109-5

緑の苔に桜の葉が落ちて綺麗でした。


全体的には紅葉の盛りは
やっぱり勤労感謝の日あたりでしょうね。

11月7日は二十四節気の「立冬」
今年は急に寒くなったので
朝晩は立冬にふさわしい気温です。
陽だまりが恋しくなってきましたね。

連休中も急に空が暗くなって
突風のような風が吹いていました。
遠くから見ると学校のグラウンドが
砂煙で霞むほどでした。

20171107-2

20171107-1

この秋はこころなしか紅葉が早い気がします。
秋の山が紅葉する様子を「山粧う」といいますね。
そろそろ六甲山も色づきはじめかも。


20171107-3

でも銀杏はまだ綺麗な緑色。

日の入りがだんだん早くなって
五時には暗くなります。

今夜は牡牛座で満月です。
牡牛座は味覚、美食に恵を与える星座です。
この日は身体が喜ぶものや美味しいものを
食べることで栄養が全身にいきわたります。
もちろん美味しいものは心も満たしてくれますね。
ちょっと手の込んだ料理に挑戦してみたり
評判のお店で食事するのもいいですね。


20171101-1

十三夜の月。
月映えといったところでしょうか。

闇はあやなきを月映え今少し心ことなりと
   源氏物語

今夜は十三夜。
後の月と呼ばれる旧暦九月十三日も
名月として月見をする楽しみがあります。
月の名残といえば後の月。
後の月見といえば中秋の月見に対して
陰暦九月十三日の月見をさします。

橋桁のしのぶは月の名残かな
     松尾芭蕉

20171101

今夜も薄とだんごをお供えして
お月様を待ちましょう。
実は後の月のほうが秋も深まり
風情があるような気がして好きです。