FC2ブログ

アボカドはよく使うので種がもったいないなぁと
思いつつ、捨てていました。
そんな時オレンジページにアボカドの種茶が
紹介されていたので作ってみました。

アボカドの種には水溶性食物繊維が多く含まれている。
種をじっくり煮出すことによって
種に含まれる水溶性食物繊維を気軽に摂取できる。
腸の中で余分な脂肪分の吸収をブロックし
便と一緒に排出させる。
またカテキン、クロロゲン酸などの
水溶性のポリフェノールが多く含まれている。
老化を防ぐ抗酸化作用があるほか
カテキンには生活習慣病や肥満を予防する効果がある。
クロロゲン酸には脂肪燃焼作用を助ける働きがあるのが特徴です。

と書いてありました。

材料はアボカドの種1個 + 水 1500cc。
アボカドの種の表面をこすって洗う。
ただし、種の茶色の薄皮にも栄養分があるので
取らないように気をつける。
まな板にペーパータオルなどをおいて
種が滑らないように気をつけて
横半分のところに少し切り込みを入れてから
刃全体を手で押さえて切る。
断面を下にして、幅5mmの半月切りにする。

20180224

鍋に水を入れて、中火にかける。
煮立ったら弱火にして、30分くらい煮出す。

20180224-2

ポットに移し、一日2カップくらいを目安に飲む。

20180224-3

残ったお茶は冷蔵庫に移し2~3日で飲みきること。
注意点としては煮出した後は
渋みが出るので種は必ず取り出す。

20180224-4

好みはあると思いますが
私は普通に飲めました。

今日、19日は二十四節気の「雨水」
降る雪が雨へと変わり
氷が溶け出すころのこと
昔からこの季節は農耕の準備を
はじめる目安とされてきました。

雨水の初候が
「土脈潤い起こる(どみゃくうるおいおこる)」です。
早春の暖かな雨が降り注ぎ大地が潤い目覚める頃。
古くは「獺魚を祭る(かわうそうおをまつる)」という
不思議な季節とされていました。
七十二候は中国から日本に伝来した暦です。
中国古代の天文学による雨水の初候は「獺祭魚」でした。
獺は魚をよく捕らえるものの
魚を岸に並べた後、なかなか食べようとしません。
その様子が祭りの供物のように見えたところから
獺が先祖の祭りをしている・・・といって
この季節の名が生まれたそうです。

茶器どもを獺(おそ)の祭りの並べ方
    正岡子規


天気予報に花粉情報がでるようになりました。
春がゆっくり近づいているような。

20180218-3

2月16日が旧元日。
南京町では春節祭が行われています。
旧暦でも新年・・・ということで
18日に弓弦羽神社へお参りに行きました。
なんだかお参りの人が多いです。

20180218-1

20180218-2

絵馬が凄いことになっていました。
ファンの方々の願いが叶いましたね。 
17日の土曜日に
羽生選手が見事に金メダルで
オリンピック二連覇。
そりゃお参りの人も増えますね。

実は弓弦羽神社は十六夜の氏神様。
なのでお参りにはよく行くのですが
羽生選手で有名になってから
テレビでも取り上げられることが多くなりました。
「家内安全」の絵馬を持った人が
どこに掛けようかしばらく悩んでおられました。


フィギュアスケートは好きで
よく見ているのですけれど
金メダルが羽生選手
銀メダルが宇野選手
夢のような瞬間をリアルタイムで
見ることができてよかったです。
おめでとうございます。
オリンピックで日の丸と君が代は
嬉しい瞬間でした。
20180218-4

神社の白梅も綺麗に咲いていましたよ。
寒いのももう少し・・・かな。

17日の土曜日。
大阪のエテルノベーラで開催中の
石けんの展示販売「ソーパーズコレクション」
友人二人と見に行ってきました。
展示のすべての石鹸を試すことができるので
好みの使い心地や香りの石鹸を
選ぶことができます。

毎回出品しているクリエイターさんなので
自分の石鹸との違いを研究するために
私が選んだのはこの二つ。

20180217-8

20180217-9



私が出品した石鹸は
ココナッツミルク石鹸の泡立ちが良いと
言っていただきました。
ココナッツミルク石鹸1

甘酒の石鹸も手に取ってくださる方が多いようです。
甘酒石鹸4

あと莟菊石鹸
莟菊石鹸1

作った石鹸の評価を聞くことができると
うれしいものです。
次の石鹸製作への励みにもなりますしね。

夜は友人が予約しておいてくれた「かき金」
牡蠣の専門店なのでこの季節は満席です。

20180217-1
カキフライ

20180217-2
から焼き

20180217-3
牡蠣のバター焼き
20180217-5

20180217-4

20180217-6
牡蠣の土手鍋

20180217-7
牡蠣ご飯

アーお腹一杯。
久しぶりに会った友人と
楽しい週末を過ごすことができました。
外はときおり雪が舞う天気でしたが
ほっこりした気持ちで帰宅しましたよ。



春霞石鹸1

まだまだ寒波の続く十六夜地方。
でも立春も過ぎたことですし
色合いだけでも春めいた感じにしたくて
薄紅と薄紫の二色の石鹸を作りました。

≪春霞石鹸≫
春霞石鹸

  【材料】
    HOひまわりオイル、米油
    ココナッツオイル
    パームオイル
    キャスターオイル
    ゴールデンホホバ
    トレハロース
    カオリンピンク
    ウルトラマリンバイオレット
  【精油】
    ラベンダー、マンダリン
    ローズゼラニウム
    フランキンセンス、ネロリ

寒い時期は作っている間は
手早く作業しないと
生地の温度が下がりそうで
ひやひやします(笑)

本日は告知です。

大阪のエテルノベーラというお店で
石けんの展示販売
《 ソーパーズコレクション 》が開催されます。
開催期間は、2018年2月7日(水)~2018年3月7日(水)です

私(シュガーバイン亭)が出品するのは
甘酒石鹸、莟菊石鹸、ココナッツミルク石鹸
三種類です。
すべて税込み¥700です。

エテルノベーラ
住所 大阪市西区北堀江1丁目6-24
   Y’sピアアクセス心斎橋2F
営業時間 11:00~19:30

詳しくブログで紹介してくださっています。

お店の場所とクリエイター&石鹸の紹介はこちら☆~

お近くに行かれることがあったら
覗いてみてくださいね。

20180204

今日は二十四節気の「立春」
今年になって初めて春の気が立ち込め
氷を溶かし始める季節。
節分の翌日。
立春の初候が
「東風凍を解く(とうふうこおりをとく)」
暖かい春風が吹いて川や湖の氷が解け出すころ
旧暦の七十二候ではこの季節から新年が始まる。
だから節分を年越しというのですね。
占いなどで生まれ年を見るときも
節分までは前年の干支になります。


暦の上では春なのですけれど
天気予報も言っていたように立春寒波です。
朝、洗濯物を干したら
風が強かったのでタオルが凍りました。
もちろん太陽があたりはじめたらすぐに解けましたが。
今週はずっと寒いようです。


今年の恵方は「南南東」
この方角は万人にとってすべてに良いとされています。

20180203-2

節分の夜に恵方に向かって
太巻きを丸かぶりすると
福が来るといわれます。
決まりは食べ終わるまで口をきいてはいけないこと。

それから「節分鰯」
鰯を焼くと出る煙と臭いで
邪気を払う魔よけのような意味であると
言い伝えられています。

20180203-3

柊に鰯の頭を刺して玄関において
鬼が家に入るのを防ぐのも節分の行事。
鰯を買うと魚屋さんで用意した柊をくれることもありますね。

20180203-1

そして豆まき。
豆が「魔滅」の音に通じることから
「鬼は外、福は内」の掛け声で
豆まきをするならわしが始まったとのこと
数え年で自分の歳の数の豆を食べると
健康に過ごせるといわれています。


昨夜の皆既月食は見られましたか?
天気予報ではちょうど皆既月食のときに
雲がかかってきます・・・と言っていたのですが
なんと、びっくりするほど予報的中。

欠け始めるころには綺麗に見えていたのに
どんどん雲が攻めてきて
結局ブラッドムーンになるときには
すっかり雲に隠れてしまい
テレビで見るはめになりました。
でも途中まででも肉眼で見られて
良かったです。

コンデジでの画像です。
20180131-1

20180131-2

20180131-3
もはやなんだか判らない!!

20180131-4
ほんとはこんなお月様が見られるはずだったのに。

昨夜はスーパームーンで
ブルームーンで
ブラッドムーンということで
スーパーブルーブラッドムーン
というのだそうです。

■■■

20180131-5

石鹸を作るときに使うのですが
ホホバオイルをリビングにおいています。
なぜならストーブをつけるから
なのに・・・
固まりました。
うちのリビングはやっぱり寒いのだと
実感したのでした(笑)