FC2ブログ

20180101-2

戌年も最後の一日となりました。
ご訪問いただきありがとうございました。
皆様よい年をお迎えくださいませ。


急に北風が張り切っています。
神戸は朝から霙が降って寒かったです。
天気予報で雪に注意・・・といっていても
十六夜地方はほとんど大丈夫なのですが
今回は当たりだった・・・
夜中にはほんとに凍結しそうな感じです。
ベランダのシクラメンたちを部屋に移動しました。
他の鉢は大丈夫かしら。
六甲颪、お手柔らかにお願いしますよ。


毎年のことですが
今年も天皇誕生日くらいから
焦って年賀状に取り掛かり
クリスマスに書き始めて
26日に投函・・・です。
元日に届かなかったらごめんなさい。
とここで言い訳してもしょうがないんですけどね。
枚数は年々少なくなっているのですが
やっばり切羽詰らないと書きませんね。

20181226-2

窓掃除とベランダの掃除をしていたら
昨年のミニシクラメンが次々と花を咲かせていました。
先がフリルになっていて可愛いのです。
他の二つは今のところ葉だけなので
これから花が咲くとうれしいなと思っています。

20181226-1

そうそう、これはつる紫の花です。
ときどきお刺身にそえられていますね。


明け方にみた月があまりにも綺麗だったので
今年最後の満月を撮りました。

20181224-3
冷えた空気のときは空が澄んで
月も星も魅力的になります。


イブの日に
クリスマスプレゼントを贈りあっている妹から
今年も良い物いただきました。

20181224-4


20181224-5

フレンチドレッシング
韓国万能だれ
農場タルタルソース
バーニャカウダソース
の詰め合わせです。

ありがとう。


20181224-1

そしてクリスマスなので
マンゴームースを作りました。

20181224-2


20181224

素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ。

今上陛下のお誕生日ですが
来年は譲位されるので天皇陛下としては
最後のお誕生日ですね。

そして今年最後の満月です。
あ、有馬記念も今日ですね。

20181223-1

この黄色に紅葉した葉は雪柳です。
今頃色付くのだったっけ・・・と
思わず写真を撮りました。

20181223-3

よく見ると先のほうに白い花が咲いています。
12月は寒かったり暖かかったりで
雪柳も困ったのでしょうね。

20181223-2



12月22日は二十四節気の「冬至」
一年で最も昼が短く、夜が長い。
冬至は暦の上では冬の最中で寒さの厳しい時期ですが、
この日を境にして日足は伸びゆきますので
「冬至冬なか冬はじめ」といわれます。

また易では「来年のことは冬至の朝に聞け」
といいますので
来る年の吉凶を占う日でもあります。

20181222

この日は、柚子湯を立てて無病息災を祈ります。
かつては一年の始まりだった冬至に
柚子の香りや薬効で体を清める禊の意味があったといいます。

柚子には気を巡らせる作用があり
消化機能を高めて水分の代謝を改善して
せき、痰、吐き気、めまいも改善。
疲労回復、美肌、風邪予防にも効果的。
柚子の皮にはリラックス効果もあります。
と薬膳の食材辞典にあります。

柚子の皮や精油を使って
石鹸を作ったこともありました。

ゆず石鹸1

色が柚子の色ではなく茶色になってしまうのが
残念なところ。

今晩はゆっくり「柚子湯」に使って元気に
年末年始を乗り切りましょう。


20181217-1

少し早いクリスマスプレゼントをいただきました。

20181217-2

セレナーディアという名前のシクラメンです。
これは「香りのアロマブルー」と書いてあるように
シクラメンなのに香りがあります。
この色もまた珍しいです。
画像よりは赤紫です。

20181217-3

もう一つはデンドロビウム。
サクセスストーリー
「恋のしずく」と名前が入っています。

20181217-4


グリーンの観葉植物しかなかった部屋が
華やかになりました。


天気予報が今夜は雲がかかりそうだと
言っていたので見えないかも
と思ったのですが夜空を眺めてみました。
12時頃は西の空にスーと流れました。
1時頃は南の空に見えました。
今回の双子座流星群とはタイミングが
良かったようで寒い中、眺めてみて良かったです。
いつもは首が痛くなるまで待っても
なかなか見られないのにラッキーでした。

20181215-1

図書館前の近所の銀杏は
すっかり葉が散ってしまいました。
変わって赤い花が咲き誇っています。

20181215-2


13日、14日は三大流星群のひとつ
「双子座流星群」が出現のピークを迎えます。
流星群は、彗星から放出されて
宇宙空間に残ったちりの集団が
地球の大気に衝突して光を放つ現象です。

20181214

国立天文台によると

今年のふたご座流星群は
12月14日21時頃に極大を迎えると予想されています。
今年は12月15日が上弦のため夜半頃に月が沈み
その後はたいへんよい条件で流星を観察することができます。
特に多くの流星を見ることができるのは
13日の夜、14日の夜の2夜だと思われます。
いずれの夜も、20時頃から流星が出現し始め
夜明け前まで出現が続くでしょう。
空の暗い場所で観察したときに見える流星の数は
最も多いときで1時間あたり40個程度と予想されます。
22時頃から本格的に流星が現れ始め
未明まで流星の出現が続くと考えられます。
放射点の高度が最も高くなるのは2時頃です。

とのことですよ。
肉眼で15分以上観察するのがお勧め。
寒いので暖かくして。
雲がかからないといいなぁと願って。


今日は正月の準備を始める
「事始め」
ニュースで必ず京都の祇園甲部の様子が
取り上げられます。
鏡餅の飾られた稽古場の様子が映し出されます。
これを見ると師走だなぁと改めて思います。


20181209-2

【パンナコッタ】

<材料>
牛乳       100cc
生クリーム    100cc
板ゼラチン      5g
蜂蜜        35g 
水        100g
ダークラム酒    15cc
柿         適宜
*板ゼラチンは水につけてふやかしておく。

<作り方>
①蜂蜜と牛乳と生クリームを小鍋に入れて加熱し、沸騰前に火を止めて
 板ゼラチンを入れて完全に溶けるまで混ぜる。
②ダークラム酒をいれて器に入れて粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
③生地が固まったら柿を飾って出来上がり。

20181209-1

柿があったので使いましたが
お好みのフルーツで飾ってもいいですし
ジャムやフルーツソースで食べるのも良いですね
これは超が付くほど簡単なお菓子です。
ストーブで暖かい部屋なら
冷たいお菓子もいいですよね。

天気予報どおりに寒波がやってきました。
朝から寒くてびっくりしました。

あわてて灯油を買いに行って
ストーブを出しました。
あまりにも車が汚かったので
灯油を買ったついでに洗車したのですが
とっても寒かったです。

20171206-1

近所の銀杏の葉も強い風に散ってしまいました。
新聞の紅葉情報も今日が最後だと書いていました。

20171109-5

私の好きな季節が終わったことを認めます(笑)


七日は二十四節気の「大雪」
いよいよ本格的に雪が降り出す頃のこと。
「積陰雪となりて、ここに至りて栗然として大なり」
北国や里山に本格的な雪が降り出す候で
山陰、中部地方では初雪をみます。

2018127

大雪の初候が
「閉塞く冬と成る(そらさむくふゆとなる)」
です。
大地の陽気がふさがり、真冬が訪れるころ。
重たい灰色の雲に覆われた空は
雪曇(ゆきぐもり)と呼ばれます。

神戸も週末から寒くなるようです。
そろそろ火鉢では辛いかもしれませんね。
ストーブを出さなくては。

夙川からの帰りの阪急電車から見えたもみじの紅葉。

20181201-9

20181201-10

20181201-11

探しにいってたどり着いたら
香雪美術館の庭でした。
中に入ったわけではなく外から眺めました。

20181201-12

20181201-13

ちょっとみには綺麗に見えるのですが
やっぱり葉の先が茶色です。
台風の影響なのでしょうか。


20181201-14

今日はフルーツ屋さんで作っている
ロールケーキが買えました。
季節らしく柿が入っていましたよ。



平成30年もあとひとつきになりましたね。
暖かな日だったので
夙川までお散歩に行きました。

20181201-3

20181201-4

20181201-5

20181201-7

桜並木はほとんど落葉していました。
でも川の側を歩くと気持ちいい。

20181201-1

20181201-2

ところどころにもみじの紅葉もありました。

20181201-6

やつでの花も咲いていました。
今くらいの時期に花びら五つの白い小花が
玉のように群れ咲きます。

20181201-8

この花は暖かくとも冬なんだなと
気づかせてくれますね。