FC2ブログ

13日、14日は三大流星群のひとつ
「双子座流星群」が出現のピークを迎えます。
流星群は、彗星から放出されて
宇宙空間に残ったちりの集団が
地球の大気に衝突して光を放つ現象です。

20181214

国立天文台によると

今年のふたご座流星群は
12月14日21時頃に極大を迎えると予想されています。
今年は12月15日が上弦のため夜半頃に月が沈み
その後はたいへんよい条件で流星を観察することができます。
特に多くの流星を見ることができるのは
13日の夜、14日の夜の2夜だと思われます。
いずれの夜も、20時頃から流星が出現し始め
夜明け前まで出現が続くでしょう。
空の暗い場所で観察したときに見える流星の数は
最も多いときで1時間あたり40個程度と予想されます。
22時頃から本格的に流星が現れ始め
未明まで流星の出現が続くと考えられます。
放射点の高度が最も高くなるのは2時頃です。

とのことですよ。
肉眼で15分以上観察するのがお勧め。
寒いので暖かくして。
雲がかからないといいなぁと願って。


流れ星みえましたよ@12月15日

事始め@12月13日

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)