FC2ブログ

20190913-2

中秋とは旧暦の秋(陰暦七、八、九月)の真ん中を指し
一年のうち最も月がきれいに見えると言われます。
古来より月見の時節とされていて仲秋とも書きます。
ちょうど里芋の収穫の時期にあたるので
芋名月と呼んで豊作への感謝を込めて
芋をお供えするならわしもあります。

十五夜は満月のイメージがありますが
必ずしも満月と一致するとは限りません。
国立天文台によると今年は9月14日が満月です。
十五夜をさす言葉に三五(さんご)があり
とくに陰暦八月十五日の夜の月を三五夜(さんごや
その月を三五の月といいます。

十五夜の雲の遊びてかぎりなし
       後藤夜半

月見団子を作りました。
里芋の形にしてこしあんでくるんだもので
月にかかる雲を表しています。

20190913-1

朝から降っていた雨は上がって薄日が差しています。
今夜はお月さまを観られるでしょうか。

20190913-2

薄と月見団子をお供えして
十五夜のお月様を待つことにしましょう。

2019年最も小さい満月@9月14日

ヘーゼルナッツオイルで石鹸

comment iconコメント ( 3 )

薄雲はありますが、綺麗なお月さまが見えています。
風もすっかり涼しくなって、気持ちが良かったです。
こんな餡子をまとった月見団子は初めてです。
餡子好きーにはたまらない。( *´艸`)

名前: なっつばー [Edit] 2019-09-13 23:44

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2019-09-13 23:45

Re: タイトルなし

なっつばー様

昨夜はだいぶ夜も更けてからきれいなお月様が見られましたよ。
この月見団子が近畿地方のものだと知ったのは
大人になってからです。
私も餡子が大好きなのでこちらのほうが好きなんです。
なっつばー様のところは餡子のない丸い月見団子なのですね。

名前: 十六夜 [Edit] 2019-09-14 14:35

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)