FC2ブログ

本日は二十四節気の「大雪」
天地の陽気がふさがり真冬が訪れるころ。
いよいよ本格的に雪が降り出す頃のこと。
「積陰雪となりて、ここに至りて栗然として大なり」
北国や里山に本格的な雪が降り出す候で
山陰、中部地方では初雪をみます。

20191207

大雪の初候が
「閉塞く冬と成る(そらさむくふゆとなる)」
です。
大地の陽気がふさがり、真冬が訪れるころ。
重たい灰色の雲に覆われた空は
雪曇(ゆきぐもり)と呼ばれます。


七日と八日は千本釈迦堂(大報恩寺)の大根炊きが行われています。
大報恩寺の第三世慈禅上人(じぜんしょうにん)によって創められた
「成道会」は、お釈迦さまの「さとりの日」
を慶讃して毎年12月7日と8日に盛大、かつ荘厳に行われていました。
「成道会」は、お釈迦様が修行中に悪魔の誘惑に負けず
12月8 日の夜明け前に明星出現と同時に
「さとり」を開かれた事にあやかって
それから後、法要の度に、4本の大根を縦半分に切って8本とし
切り口に釈迦の種子(梵字)を書いて供え
参詣者への「悪魔除け」とされました。
その後「悪魔除けの大根」は、他の大根と一緒に炊き上げて
参詣者に振る舞われたのが「大根炊き」のはじめと言われています。
今に伝わる「大根炊き」には
「諸悪病」を取り除き
健康増進を願う信徒の皆さんによって継続され
12月7・8 日の両日には法要を行い
味付けして煮込んだ大根をご来場の皆さんと共に頂いています。

以上お寺のサイトより。

紅葉の季節はそろそろ終わりですけれど
京都は師走の行事も多いです。


12月に入って冬らしい気温になりました。
コートが手放せません。
どんどん日の入りが早くなってきました。
晴れていれば夜空が澄んでいて星がきれいに見えます。


土曜日の続きです。

20191130-29

光明寺の後に行ったのが長岡天神。
11月最後の日でしたが
まだ七五三のお参りに人が多かったです。

20191130-27

20191130-28

20191130-30

ここも、もみじの紅葉が見事。

20191130-31

20191130-32

20191130-33

20191130-34

池の周りが散策路になっていて
桜やイチョウが植えられています。
色づいた桜の葉も残っていていい紅葉狩りができました。
近所の人のお散歩コースでもあるようです。

20191130-35

とうとう私の大好きな11月が終わってしまいました。
今日から12月。
師走と漢字で書くだけでなんだか、せわしない感じ。
昨日の寒さが嘘のように暖かい。
近所はまだ紅葉が残っています。

20191130-1

11月最後の昨日、思い切って長岡京に
行ってきました。
東山や嵐電界隈よりは混雑が増しかなと
勝手な想像でもみじを観に光明寺へ。

20191130-2

20191130-3

20191130-6

バスはやはりびっくりするほど混んでいましたが
お寺は思った通り休日なのにそこまで混んでいなくて
私の前で写真を撮っていた女性二人組が
「穴場やったわぁ。ここにきて良かった」と
話していました。

20191130-9

20191130-10

20191130-13

20191130-11

20191130-15

20191130-16

ここのもみじは大好きなんですよね。
すこし葉の先がかさついていましたし
色づきもいつもよりは・・・という感じでしたが
それでもキンとした風と共にいい紅葉狩りと
お参りができました。


続きを読む

20191126

びわのつぼみがついている!!
初めてです。
いただいたびわが美味しかったので
ちょっと植えてみたのが7年くらい前。
実生なので葉が使えたらいいかな・・・と
思っていました。
まさか蕾ができるとは。
実がなるのもそろそろかも。
ちょっと楽しみになってきました。

20191124-11

日曜日の続きです。
夙川の後でちょっと寄ったのが深田池。

20191124-12

ほぼ桜なのですが
水辺にもみじが植えられていて
毎年きれいに紅葉します。

20191124-13

20191124-14

20191124-15

20191124-16

20191124-17

ちょうどいい感じでした。
休日はどこも混雑するので
どこへ出かけようか迷います。