FC2ブログ

今日は雨が時々降っているので
それほど気にはなりませんが
秋の深まりとともに
空気の乾燥が気になってきますね。

20191019-3
神戸でよく見るのはこのタイプの柿です。


ちょうど今頃食べ頃になる柿は
肺を潤して乾燥による咳やのどの渇きを
癒す作用があります。
ビタミンCも豊富に含まれているので
風邪の予防にもいいですね。
体を冷やす作用が強いので
発熱による下痢や口内炎を緩和します。
アルコールを分解したり
水分の代謝を促したりする作用もあるので
酔い覚ましや二日酔いの解消にも効果的です。

この季節ついつい買ってしまいます。
少し置いておくと熟しすぎて
トロトロになりますがそれも好き。

20191019-1

20191019-2

この柿は「筆柿」です。
いただきもので初めて食べました。
歯ごたえがあってこの柿も大好き。
最近は旬がなくなりつつある気がしますが
その時期にしか食べられないものって
御馳走なのだと思います。




そろそろ栗の季節。
丹波篠山は丹波栗のおいしいところ。
用事があって大丸神戸店にいったら
地下の催事のコーナーで篠山のお店が出店中でした。
諏訪園はもともとお茶屋さんなのですが
美味しい和菓子も魅力的なのです。

20190918

一つが小さめなので
二つくらいは余裕でいけちゃいます。
この時期やはり栗餅は外せない。
諏訪園さんは栗のお菓子のために
お店の為の栗園を持っておられるのです。
驚いたのはお店の方が大丸に来ておられて
私のことをなんとなく憶えていて下さっていたこと。
「うちの店にいらしたことがある人は迷いなく選ばれるので」と
そして「インター店に来られていましたよね」とも。
そろそろ緑茶と和菓子の季節ですね。

連休中にもみじ散歩をした帰りに
数量限定でこの時期にお店に並ぶ
「和栗のモンブラン」が今年は買えました。

20181124-10

このモンブランが大好きなんです。

20181124-11

そしてもう一つはタルトポワール。



20181124-12

夜があまりにも寒かったので、火鉢を出しました。
ほんのり暖かい感じが晩秋には丁度いいです。


20181017-1

枝つきのものが一番いいのだけれど
残念ながら枝から切り離されて
袋詰めになっていました。
昨年JAのアンテナショップの人が
話しておられたのですが
枝から取るのが面倒だ・・・
とお客様からいわれたのだそうです。
枝豆は枝から切り離すと一気に味が落ちるので
なるべくなら枝のままがいいのですけれど。
あ、購入したのは元町商店街のマルシェです。

ただ、化学肥料、農薬、除草剤不使用と
ラベルに書いてあったのでこれはありがたい。

20181017-3 20181017-2


茹で上がりがこれ。
さやから出した枝豆はすこし黒いです。
コクと旨味がある黒枝豆はこの季節だけの楽しみです。

20181018

塩麹がなくなったので仕込みました。
出来上がるまで2週間くらいです。

20150707-1

JAのアンテナショップで
「まくわうり」を見つけました。
あー、真夏だ・・・と思う瞬間です。

まくわうりは岐阜県真桑地区発祥の瓜で
かつては日本の夏を代表する果物でした。
みかけるとついつい買ってしまうのですが
甘さはそれほど強くないけれど
しゃきっとした独特の歯ごたえが瓜だなぁと感じる果物です。